2014/04/04

春の候なり

「じゃあ、ここで降りるね」

バス停でバッタリ会ったお隣の奥様は駅まで乗っていかずに、花トンネルの手前でバスを降りて行った。

あ、アタシも一緒に降りちゃえばよかった。そうチラリ思ったが、独りもの思いながらバスに揺られる方を選んだ。

なぜだか道理は解らないが、ここにこうやって生きているのが不思議なような気もしたりする。

2014040201

花の輪をくぐりて

バス通いけり

生かされており

この春の今

 

2014040203_2


見るほどに妖気放たんばかりに美しい桜を見ていると、きっと「束の間の花の命と知って咲いているに違いない」と確信する。

2014040202

束の間の

後に散りなむ知りてなお

春爛漫の

桜愛でおり

 

 

2014040205

42日は恒例の花見。渋谷桜ヶ丘のさくら通りに面したネパールレストラン・マンダラの窓辺が一時期、一服の桜絵画になる。

 

下は2010411日に詠んだものだ。

桜散る

まりりん発てり

愛娘御す

はなびらに乗り

 

上の句と下の句の間の5文字が足りず、毎年眺めては考えあぐねてきたが、落ち着く文字が見つからなかった。

せんだってまた見返して、つくづくながめていたら、ふと思いついた。


桜散る

まりりん発てり

待ちわびし

愛娘御す

花びらに乗り

 

どうだろう。

ほんとに「待ちわびし」だったかどうだか、もしかしたら「なお生きたいと思っていたかもしれない」が、今となっては解らない。けれど「先に逝った娘が必ず迎えに来てくれる」と言い続けていたまりりんだったから、きっとそうに違いないというところに、4年経ってやっと私が落ち着けたのではないかと思う。枕元に愛娘の七五三の時の写真を置いて、「迎えに来るとき、アタシが年取っちゃってて分からないといけないから」と言っていたまりりんと「待ちわびし」を重ねて、わずかに隙間らしきも感じるが、はみだして邪魔にはならないと思う。


桜花

黄泉より

友をば吹き寄せよ

その花びらの

花車に乗せ

 

「だって桜があんなにきれだから」などあれこれ言い訳しつつ、あああ、飲み過ぎた飲み過ぎた。

飲み過ぎいついでに一首


告っちゃう?

だって友が言い遺したよ

「命短し 恋せよ乙女」

2014040204_2

 

「ぎょえッ!」

など目を剥かずともダイジョービ!

「相手がいれば」の仮想の一首だからして…

 

ってな桜もろもろ春の候なり。

ういーットと。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/11

春は…

20120409001
*4月9日撮影@渋谷桜ヶ丘。最上階はプラネタリウム。

4月11日
時折の雨。冷たい強風に渋谷の桜は、いっそう花を散らす。歩道の隅に吹き溜まった花びらを巻き上げる。花吹雪。

まりりん逝りしより2年が経つ。命日。1句と思うんだが、浮かばない。

桜散る
まりりん発てり
愛娘御す
はなびらに乗り

あの日、なぜか欠かした下の句を悩んでみたが、手がつけられない。
なにもシンミリしてメランコリーになることもない。今頃、あちらで花見などしながら飲んだくれてるに決まってるんだから。

なんだけどね~
桜は散り際が潔くていい、とは言うが、桜は来春にはまた咲くんであるよ。




まりりんの著書「この女・まりりん末期ガンにつき」
http://www.asobist.com/maririn/

Book01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/05

憂し、春!

0r5c5180s
4月3日、ピオレ・ド・オール賞を受賞しているアルピニスト、佐藤祐介さんの取材で山梨県石和温泉にでかけた。駅から車で20分のクライミングジム「ピラニア」でインタビューの後、登っているところを撮らせてもらった。

やっぱりカッコイイです~!!!

*佐藤祐介さんのインタビュー記事は6月掲載の予定。
5月のVIVA ASOBIST掲載記事はエコール・クリオロのサントスシェフ&岡田愛さん。
いずれも、お楽しみに~

2012040401
4日は笛吹市内のあちこちを取材。桃園にも。今年は開花が相当遅れているそうな。終日風が強かったが、夕方は冷えたな~

4月5日
出がけに母のところへ寄ってきた。前日、石和温泉健康ランドへも取材した時に、「そういえば母を連れてきたことがあったけ」など、思い出したからだ。

ブログのアーカイブをたぐって、先回母の顔を見たのが1月12日だったとわかって、今更のようにびっくりした。
どのくらいか前にホームで、お腹に来る風邪で下痢を起こす入居者が続出したとかで「しばらく面会を控えてください」があったにしても、週末ごとに山行しているとしても、家のPCが壊れてセットアップがあったにしても、たとえ何があったとしても、理由にはならないほど、母のところへ出向かなかった。

ホームのリビングでしょこんと座っている母の後ろ姿は、情けないほどに小さく見えた。
「お母さん」
少し耳が遠くなったかして振り向かない。頭を撫でてみた。撫でられるままにうつむいて、顔をこちらに向けようとしないので、鼻先がくっつきそうになるぐらい覗き込んだ。
「お母さん!」
「ああ」
ようやくの笑顔。
「あきこちゃん!」
よかった~。まだ私がわかる。

2012040502
しばらくして昼食になった。
「どうして入れ歯しないの?」
訊いても返事をしない。
「あんまり好きじゃないの?」
かすかに、こっくり。

2012040503
ケアスタッフがすすめても、恐らく母は嫌がって入れ歯をつけないのだろう。それでも食べやすいように細かく刻んだり、すりつぶしたり、調理に工夫の跡が伺える。入れ歯もつけずに歯ぐきや舌を駆使してひたすら一所懸命にあむあむする母がけなげでもあり、情けなく哀しくもあり…

2012040501
この胸の内の風紋こそが母から私を遠ざけているのだと思い当たった。昨日と同じ今日が明けて暮れる。だが、明日の命はわからない。そのことを、例えば亡くなった父や叔母・伯母、友を通して経験値で知っていて、どこかで喪失から顔をそむけたいと本能的に動いてしまうのではないか、と。
母だけでなく自身さえとおに同じ域に踏み込んでいると自覚すればなおのこと。

20120405004
渋谷桜ヶ丘。246にかかる歩道橋の向こう側は「春爛漫」。ほんの2日前は雨嵐だったのに。時の足はかように速やかなのだ。

20120405005
大和田小学校跡に建ったビルの最上階はプラネタリウム。

行ったことないな~
今度、行ってみよ、っとか言いながらまた時が過ぎるんだろうな~

春はどこか物憂い…

「VIVA ASOBIST」に
山岳カメラマンの白籏史朗さん
http://www.asobist.com/yomimono/viva/vol64.php

「編集長!今日はどちらへ?!」に
屋久島桜
http://www.asobist.com/guest/kodama2/20120322.php
ヒマラヤ・アゲン2011‐1
http://www.asobist.com/guest/kodama2/datin120321.php
桜咲いたか?河津の桜
http://www.asobist.com/guest/kodama2/datin120314.php
うちのチビ太の3.11
http://www.asobist.com/guest/kodama2/20120313.php
アイス日和
http://www.asobist.com/guest/kodama2/datin120307.php

などなど上がっておりまする~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

散りぬるを…

20110411sakura

花車
彼方の岸に乗り捨てて
今日の宴はいずこの宙か

桜樹はささやきにけり
かの君のごと
「命短し、恋せよ乙女」

そういうけどね、ワタシ理想が高すぎてね、いいのいないのよね。
そっちに、いい人いたら、紹介してくれない?!
ねえ、まりりん。

渋谷の桜も今日でぎりぎり。降り出した雨でいっそう、明日の朝から葉桜へまっしぐらでしょう。友が逝ってからちょうど1年が経ちました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/13

再見!!!

「またね。今度また、花見に行こうね」

まりりんとしばしの別れの挨拶を交わしました。

きっと向こう側で特等席をとっておいてくれると思っています。

昨日の涙雨とは打って変わっていいお天気。次の花見の約束をするのにピッタリな日よりでした。

それはそうと…

今朝気がつきました。

桜散る

まりりん発てり

愛娘御す

はなびらに乗り

は、上の句に5文字足りないのです。どうしてこんなことになったのかわかりません。

気がつきはしましたが、何を足したらよいか思い浮かばないのです。何を足しても余計な気がして。

まりりんの顔を眺めておでこをさすったら、尚のことそう思いました。

これでいい…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/11

桜散る

桜散る

まりりん発てり

愛娘御す

はなびらに乗り

本日4111545分でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/09

ホスピスの桜

20100409sakura01

上尾甦生病院ホスピス棟脇の桜

ふたつみつ

花びら舞いし中庭に

葉桜も見たしと

独りたたずむ

49

まりりんの顔を見に行った。

窓の下の中庭の端に桜が見えたので、降りて見に行った。花枝を透かしてまりりんの病窓がわずかに見えた。

「今日は幾分肌寒いね~」

病院から上尾に向かうタクシーの運転手さん。

「でも先週はとんでもなく寒かったでしょ」

「今頃は1週間違うとずいぶん違うからね~」

「桜もまだ硬いつぼみだったわね」

「咲き出すと早いからね~」

「そーね。散り始めたわね…」

往きのタクシーの運転手さんとも同じ会話をした気がした。

湘南新宿ラインで渋谷に向かっていたら、メールが入った。

「ヤダ、ヤダ、ヤダーッ!!!じゃないよ。頑張るのだ。それがおばちゃんの生きる道」

オスミさんからだった。初モンブラン準備山行で思うように歩けず、腐っていた私への励ましのメッセだ。

「まりりん、頑張ってました。アタシも頑張るさ」

と返した。





「アラカン編集長モンブランを行く」に

浮上不可

http://www.asobist.com/guest/kodama/20100408.php

UPしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

また来ん春…

20100401sakura01

41

散るを知り

なお華やぐ桜花

潔しとは思わざるなり

渋谷桜丘のネパール料理店・マンダラの窓いっぱいの桜。文字通り「一幅の絵」のよう。

桜丘の桜並木が満開に近づくと決まって毎年マンダラでご飯したくなって、ムリにでもスタッフを誘い出す。ただ、いつもその日になって気まぐれに言い出すものだから、窓際の特等席には入れない。1ヶ月は前から予約しないととれないと店主。しかも7人?席なので、3人で入っても、4人で予約しても、この時期の単一コース料金×7だけはかかるんだって。かつて1人で7人分払って、この席を独りで満喫した有名人がいるとか。

今春はどこか胸が塞がって、桜を見上げると、そのうち目が熱くなってくる。スタッフと「アハハ」と飲みながらも、チラリ桜に目をやると、胸の内を切ない風が通り抜ける。

と、携帯のメール着信音。オスミさんから。件名「今上尾です」。

「また意識のないときだったらどうしようと、ドキドキしながら来たのですが、まりりんはお目覚めで、会話らしいものを交わすことができました」

マンダラの窓いっぱいに広がり咲く花々が瞬間、さらに華やいで感じられた。

20100401sakura02

深夜1時を回った桜通り。桜並木の坂上から。毎年、同じ絵柄を撮り始めてからもう、4年になるかな~

酔客もさすがにもう、まばら。23枚撮って慌てて1時半渋谷発青葉台行きの深夜高速バスに乗るべく走った。

20100403sakura01
4
3
家からほどない「寺家ふるさと村」では、この日から「桜まつり」。マゴ2人を連れてでかけた。ママが友人の結婚式に出席でバアは1日、子守なのだ。

出かけしなにおにいちゃんの幼稚園のお友達と出合って、「ボクも行く~」で3人男の子とバアの4人連れになった。

会場は干上がった田んぼ。里山の桜が人間様の浮かれ様子を優しく見下ろしている。梨の白い花も見える。

地元で採れたコンニャクの味噌田楽、焼き鳥、フランクフルトなど思い思いに「お昼ご飯」がわり。

だけどさ「食べる」って言ったじゃん。草団子も。だから1パック買ったのに。誰も食べないって、どういうことよ。仕方がないから、アタシが独りで全部食べた。

うぷ。

近隣の和太鼓連の演奏を楽しんだり、そのうちおにいちゃんが用水路に足をはめて、ズボンやらクツシタ、クツをビショビショにしたりで、気がつけば4時前。

上天気で、ポカポカの日差し。おまけにだっこしているチビの体温にも温められて、なんだかとろとろしそうになったり、「胸塞がる」ヒマもなかった。

44

去年は去年

今日は今日とて桜花

時の過ぎしを

覚えざらまし

「ショーちゃん、ブツブツが出ました~」

朝、長男のヨメさんからメール。

あらら、やっぱり~!

5日のワタシの欠勤が確定した。

実はおにいちゃんは水疱瘡から治ったばかり。潜伏期間から測って、そろそろチビが発症するんじゃないかとママの心配どおりになったわけだ。

昨日はなんでもなかったから、この分だとダイジョブかな?と思ったのにね。子どもって、ひっくり返る寸前まで元気なのよね。

5日はおにいちゃんの入学式で、ブツブツのチビを連れて行けないから、バアとお留守番だ。

まあ、スーツ着て「バアが入学式参列」の段にならずによかった。実はママは水疱瘡は未患で、もしかしたらチビと同じにブツブツになる可能性もあったのだ。

小学校の校門前の桜も明日は満開になるだろう。

なんだかんだと季節は巡り、今また桜の春…

あああ、61回目!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/30

桜、こもごも…

20100328cherry01

代々木公園の桜。


せめてもの慰みにせんとて

病む友に

桜枝抱えてホームに立つ

329

上尾のホスピスにまりりんの顔を見に行った。

「コダマだよ~」と言ったら両手を広げる仕草。ハグハグしちゃった。嬉しかった。

胸元にデッカイ桜の枝束を置いたら、手で触ってた。

もごもご言ってるけど、何を言ってるんだかは聞き取れなかった。

いいのいいの、なんでも。

「まだツボミだね~」って言ったのかな?

28日は代々木公園でヒゲ人の花見エベントだった。ガコガコ震えるほど寒かった。桜も3分咲きほど。そりゃあ、もう桜そっちのけで大騒ぎ!楽しかった!!

帰りに最寄り駅からの桜並木も3分咲き。タクシーの車窓から桜を見上げたら、少し哀しくなった。

「東京も横浜も、桜、咲き始めたよ~」

勝手にベラベラしゃべった。まりりんと北海道だの九州だの沖縄だの、あっちこっち桜を見に行ったっけがね~

テレビが勝手に鳴っていた。関口宏が司会のなんちゃらランド?

助走してスプリングの上でジャンプして、マジックテープの貼ってある壁に飛びつくヤツ。

バンクーバーオリンピックのメダリストが緊張のあまりずっこけて、あんまり可笑しくて、つい大声で「アハハ」とやったら、まりりんがテレビのほうに身体を向けた。

「この番組って、結構、好きだよ」

最後にアスリートチームのキャプテンが200200のパーフェクトを出した。

「お、やったね」

まりりんが両手でほんのチョビッと笑って、少しだけど「パチパチ」の仕草をした。

帰りしな「帰るね~」と言ったら、まりりんが「さよなら」の仕草。思わずかけよって手をとって「また来るから~」と言ったらかすかにうなづいた。

「頑張るんだよ~、頑張れば必ずマイちゃんが迎えに来てくれるからね」と言ったら、今度は確かにうなづいた。

上尾は東京、横浜よりさらに寒い。群馬の山から例の「空っ風」が吹き降りてくるんだと、タクシーの運転手さんが言ってた。桜も凍えてまだ硬いツボミだった。

20100329sakura01

330日。渋谷の桜。

歩道橋を上がったら「あ、結構咲いてる!!!」。78分。

これで暖かくなると一気に開くな~

病室は暖かいから、もう咲いたかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/27

腹冷え!

2010032601


桜、咲け

咲けよ咲け咲け

咲けよ咲け

咲きて護れや

友の命灯

326

田園都市線「たまプラーザ」駅前の桜並木。おしなべて23分咲きだが、これだけ45分ほど。

上尾にまりりんを見舞いに行こうとしたんだが、たまプラの駅ほんのちょい手前で突然、電車が止まった。人身事故だって。

しばらくして、ようやくホームには入ったが、全線ストップ。どもならん。

仕方がないから様子見でご飯した。

それでも「復旧の見通し立たず」。タクシー乗り場は長蛇の列。にっちもさっちもいきまへん。

お茶して居眠りしてしたら、めちゃめちゃ疲れた。ようやく各駅停車運転再開のころには疲れ果てて戦意喪失。帰宅してしばらくしたら身体に異変!腹がゴロゴロ!!

花冷えで腹冷えなんて、洒落にならんがな~

日曜日の花見に備え、土曜は温かくしてズルズルだな~

まりりんのところへは月曜日にしよう。

どこかで桜枝でも手に入れて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧