« テスト | トップページ

2017/04/12

月日重ねど…

Img_7553_2

↑仁和寺の桜

花かげに
ひと想いおり
長らえし
世を憂しとは
言うまいものを

花枝を
抱えて通うは
いつの日か
過ぎし月日の
なおも哀しき

花の下

見上げて目を凝らしけり

花びらを

御して友の

微笑いているか



花枝を

抱えて行かん

長らえて

見紛う我なり

友とても



花ぐるま

御しおる友の

笑うてや

憂しといいつつ

長らえし身を

 411日はまりりん命日でした。
2010年のことでした。

昨日の雨で桜も見納めですね。

夕方「一杯飲みたいな」など思う時、ふと友を思います。桜のつぼみが膨らみ始めると、期待と同時に胸が締まります。

何年経っても…

http://asobist.txt-nifty.com/asobist/cat7815472/index.html

 

|

« テスト | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/65139695

この記事へのトラックバック一覧です: 月日重ねど…:

« テスト | トップページ