« 2014年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/15

トマトの季節~!!!

実は…
晩春を過ぎ、突然わーッと暑い日が訪れる五月晴れの日などから既に「トマト焦がれ」は始まっていた。スーパー、もちろんお高いデパチカなどでも様々な産地の多種多様な種類のトマトを軒並み食べ比べても見た。

「ちょっと酸っぱい」は言わずもがなだが、スーパーのは酸っぱくなければ甘くもない、すなわち身が棚落ちで粉粉していてグズグズもあったりする。身がしっかりしていれば酸っぱい…

まあ、お高いのは、そうは不味くはない。
が…
「そこそこ甘いが皮が硬い(塩トマトとして売り出しているものに多い)」、「甘くて皮も硬過ぎない」だ残念なことに、足りないのが「香り」。
ってな欲求不満な日々を送っていたというわけ。

そこへ飛び込んだ嬉しいニュース!
北海道は屈斜路湖畔のやなぎやファームの農園主・柳谷
尚さんのやなぎやファーム便り!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

屈斜路湖やなぎやファームのトマトの収穫がはじまりました!

マイナス20度にもなる厳冬期に播種されたトマトたちは、長い間ビニール被覆のなかでこの瞬間を夢に見てきました。抑制された環境の中で本能を失わずに全力で生き抜いたトマトたちは今から天国のような屈斜路の夏を余すとこなくその身に受けきります。昼はしっかりと日照と受け、時には葉がしおれそうになるほどハウス内は高温になりますが夜になると雪が残る外輪山から降りてくる冷気でグ~~ッと気温が下がり、トマトは糖度とうま味を詰め込んでいきます。

あそびすと、やなぎやファームのトマト・メロンのセットのたくさんの申し込み、今年もありがとうございます!初回発送はミニトマトか、ゆめみるミディアムトマトから始まります!
(やなぎやファームface pageより)

……………………………………………………

早速、「あそびすと」サイトで購入予約した。
 
順尚さんの兄貴とは長い付き合いで、「弟作だよ」と一昨年贈ってもらってより、忘れられないその味がどうやって作られるのか北海道のファームへ連れて行ってもらい、雄大で厳しい自然環境を目の当たりにして大感動。味の秘密も納得した。
 
この味、是非たくさんのトマトファンに知ってもらいたくて、昨年から「あそびすと」サイトで売り出した。
 http://www.asobist.com/tomato/

甘み、食感、香りの3拍子揃った抜群なトマト!
 
どうぞご相伴あれ~

2

写真は「はにかむトマト」です

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2015年7月 »