« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/27

ついに出ました!私の「本」です!!!

アプリ版「アラカン編集長モンブランを行く」絶賛発売中!!!

2arakanapp
一昨年、念願かなってモンブラン(仏)登頂しました。
泣きました!うれしくて!!
様々な思いを一冊にまとめました。
泣いてます。うれしくて!!
皆様の温かいご支援が頼みの綱です。
どうぞよろしくお願いします。
http://www.asobist.com/arakanapp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
齢60歳を目前に山登りを始めたおばちゃんがそのとき打ち立てた目標であるモンブラン登頂を果たす瞬間に迫った、“全米が泣いた”と言ったら過言に過ぎるお気楽ストーリー。
登った感動はもちろんのこと、「足掛け3年、今度こそ登れるのか」と周辺に気を揉ませた数々のヘタレなエピソードも、おばちゃんがすっぱだかになって書き尽くしたこの一冊。読めば「これで登れるなら、絶対に私も登れる」と希望を抱かせてくれるのも間違いない。


ニューリリース記念キャンペーン!
App Storeで破格の85円!
アプリ定価170円【期間限定】超特価50%オフ
Android版は特価100円!

Badge_appstorelrg
Googleplaylogo

「アラカン」または「山ん婆」で検索ください!!!

*ストアランキング101位、100位以内突入までわずか!
どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/17

開幕!HIYASHI FESTA 2012 SUMMER!!

「お知らせ」「FESTA」「ちんどん」「父母の記」のご多混ぜ、てんこ盛りで今日のMy Blog「日々楽観」のお届け。

・ますはお知らせ!
「編集長!今日はどちらへ
__登りがけのだちん__」に
■恐怖!アバランチ・ハザード・トライアングル実感@唐松岳
http://www.asobist.com/guest/kodama2/datin120425.php
特集連動で
■「塔ノ岳」の「塔」って?
http://www.asobist.com/guest/kodama2/datin120516.php
2本UPしております。

・そしてFESTA。
PRE FESTAは私が「あ、今年も冷やし中華の季節だな。食べたいな!」と思った瞬間。開幕はシーズン初の冷やし中華をいただいた、その時。
そう、なんのことはない。私が勝手に世界の(ないない)冷やし中華を食べてはUPする、っていう、それだけなんである。
で…

今年も元気に開幕!
渋谷桜ヶ丘「一品香」の冷やし中華。2012/05/15
20120515hiyashi02
ゴマダレがなんとも香ばしい!美味!!★★★★
PRE FESTAを誘った記事が以下。
http://www.asobist.com/entame/sakura/20120510.php
この次は醤油ダレの方をぜひ!!!


20120517hiyashi01
渋谷・道玄坂「大島ラーメン」の冷し中華。2012/05/17★★★

相当、期待した。何をって…
一昨年はひと夏に何度も食べた。あの冷やし中華独特の酸味を「大島」ではレモンでとっていて、出来上がりにも8分の1?切れ(輪切りじゃないよ)のレモンが添えられている。じゅわーッと絞ると爽やかな香りが、なんとも大好きだった。
ところが昨夏・シーズン初め、勇んで訪れてびっくりした。レモンが載ってない!!!それは「何かが違う」原因がそれと認識されるまでに時間がかかったほどだ。
「店長が代わったから」
シャフの説明には到底納得できなかった。

期待が外れたことは、ご覧の通りだが、またまたびっくりなことに、「ひやし(冷たい汁そばなど数メニュー)」限定サービスで「杏仁豆腐」がつく。まあ、まあ、美味しいデザートなんだが、採算の都合でレモン」止めたんなら、杏仁要らないから「レモンに戻せ」と声を大にしたい。
憤懣やる方なくソバを啜っていると、果たしてこの酸味がレモン由来なのかどうかさえ疑念が湧いてくる。切ないやね!
と…
何か気持ち硬いようなのが歯にあたった。出してみたら、なんとレモンの種だった。
めちゃめちゃ、嬉しかった。
大島はデンバーUSA店とかではLAMEN-SALADとかで出してるのかな?なんぞ思った。

とか、text打ってたら窓の下から賑々しい音。カメラひっつかんで外へ飛び出した。
のが、これ!!!
20120517chidon01
・ちんどん
「老人ホームとか喜んで行きますよ。ボランティアで」
チンどん芸能社のさん休(永田 久)さん。
「あんまり仕事ないから、ぶらぶらしてますよ、普段は」


20120517m01
・母のところに行ってきた。

遅ればせながら母の日プレゼント携えて。なぜって…
山から降りてきたら長男のヨメさんに「例年の三男からのカーネーションが届いてるかもしれないから、不在票とか確かめた方がいいよ」と言われたが、そんなものはなく、来れば来たで「そんなことせんでもええし」と言うくせに、来なけりゃ、やっぱりちょびっとさびしい、など思ったから、じゃあ、母にしてやろ、など、ただの気まぐれなんだが。

ブラウスと編みポンチョ。
「ありがとう」とは言ったが、それっきり、あまり興味を示すふうでもない。話をしたがるわけでもない。ただ、ぽややんとテレビを見ている。ってか、眺めている。
で、訊いてみた。
「テレビ、ちゃんと聞こえる?」
「よく聞こえないわ」
「じゃあ、なんのことやらわかるの?」
「よく、わからないわー」
「それじゃあ、チョメシロ(母が世話をしていたネコの名)がテレビ見てるのと同じだね」
そしたら、
「ぷふッ」
母が吹き出した!!!

いやいや、どうして!チョメシロ以下の運動機能しか残されていなくても、チョメシロと同等の、あるいはそれ以下の記憶力その他の脳機能でも、チョメシロを優に凌ぐユーモアセンスと理解力ではないか!!
謎だ!!!

と、ここまでtext打ったら、また外で賑やかな音曲が…
窓から顔出して手を振ってみる。
「さん休さ~ん!!!」
「ど~も~」

ファンキーな日だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »