« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/31

ヒマラヤ山行準備

2011102901
10月29日に裏妙義を縦走した。
いいお天気!
丁須ノ頭からすぐ目の前の岩峰の斜面。できるだけきれいそうに映るところを探して撮った。年々「紅葉」が優れないような気がするのは私ばかりか?

紅葉がどうあれ「食欲の秋」はいたって健全。めしが旨けりゃ秋に肥えるのは牛馬ばかりじゃない。ヨーロッパ肥りが解消しない間に台湾肥りを重ね、4㎏ほどついてしまって、さて困ってしまっていたら、本郷さんいわく
「ヒマラヤやるには、ちょっとおデブぐらいがちょうどいいよ。最後は体力だから」

うん、体重だけは準備万端!
11月12日深夜羽田発。バンコック経由でネパールへ飛ぶ。
ああ、アンナプルナ山塊ピサンピーク6090m!
ガ・ガ・ガンバレーッ!自分!!!

ってか、その前に…
11月3日から栂海新道だよーッ!
超ロングルート!!
おまけにテント泊、寒そー!!
ガ・ガ・ガォーッ!!!




「勝手に読書録」に
「隠蔽捜査シーリーズ5作」今野 敏
http://www.asobist.com/yomimono/book/122.php
UPしました。
乗っております~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/22

台湾的旅行生活-2

10月21日
朝からしっかり!?雨降り。とても外岩は無理。クライミングジムへ行くことになった。
ところが…
ジムのフロントらしきで訊くんだが、なんだか要領を得ない。こっちは中国語はまるっきりダメ。あっちは変なカタコト日本語ともっとダメダメな英語。こっちも似たり寄ったりの英語、という言葉の問題だけでもないようなのだ。
結論的には午後4時からオープンということで、そんなこんなしているうちに11時を回ったので昼食しに行くことになった。

2011102200001
10月21日のお昼ご飯どころ
なんでも、世界のグルメに知られたショウロンポウの店だとか。

2011102102
確かに旨い!

2011102103
薄味ながら、ダシが効いてる。

2011102104
餃子、バッチグ!

2011102105
ジャージャー麺。

2011102106
タンタン麺。ジャージャーもタンタンも、これが本場なんだろか!「汁そば」ではなかったのね。麺もイメージとはかけ離れた感じ。アタシ的にはちいと???旨いには旨かったんだがね…

2011102101
台湾ビール。
ってかねー、昼間っからこんなに飲んだり、食ったりしちゃって、罰あたりだよね。まずまず、「台湾肥り」決定!!!よよ。

2011102107
いったんホテルに引き上げて、その辺うろつきに出る。
餅粉の団子のようなのを荒挽ききな粉とピ-ナツ粉に、見てる前でまぶしてくれる。これ、案外、旨い。香ばしくて甘さ控えめ。

20111021001
ホテルのすぐ近くで、オジサンが焼き栗の鉄鍋をかき混ぜている。いい香り!

2011102109
身がムチッと詰まっていて、なかなか。

2011102108
ごちゃごちゃした下街な中に寺院かな?地元の人らの信仰を集めているらしい。

オープン4時を目指して、再度ジムへ向かう。
ところが…
またまた埒があかない。
まだ開かない、と言ってみたり、5時からと言ったり、すぐ後で5時半になったり。挙句の果てには、なんと!!!
「要!3日前の予約!!」とな!!!
な・な・な・なんだとッ!ざけんなよ!
って、言うわけにもいかないけどさ、それならそうと最初っから言うてーなー!

歯ぎしりしてもダメはダメなんである。他を訊いてみても要領を得ない。いくら公共の施設でもひどくない?!
例えば昨日覗いた山道具屋にはクライミング用品がたくさん並んでいた。ってことは、そこそこクライマー人口はあるってことだよね。そして公共のスポーツ施設としてのクライミングジムが存在するってことは、社会的認知も獲得している、っつうことっしょ。なのにスタッフが他の同業施設について全く情報を持たないってのは、どーゆーことさ!

とか言っても詮ないか。
でえ、である!昨日覗いた山道具屋の店の片隅に「飾り」の」ように設置されてたボードでボルダリングすることになった。

2011102100001
店のおかみにジムについて訊いてみたが、やっぱりツーカーで返答が返ってこない。なんとか情報らしきを得た時にはもう、その情報らしきへの信用性にもまゆにつばがつき、よって行動を起こすモチベーションも失せていた。ので、そのまま店の隅のボードでボルダリング続行。
アタシ?アタシはねー…
見てた。

2011102100002
ようやく日も暮れてきて、晩めし時になり、焼酎バー『五右衛門』へ。在住日本人も御用達ですと。たっぷり飲んで、食いまくって。ああ、もー、どーしよもない!

2011102100003
肉じゃが。

2011102100004
通りのちっこい屋台。焼きソーセージ。

ってことで、22日の朝。お帰りの日だだよ!
全く,クライミング三昧なはずが、クライイングメシな台湾の3泊4日だったことよ。

ま、これはこれさ、ね…






「アラカン編集長モンブランを行く」の最終編
登っちゃいました-3
終わりは始まりの始まり
http://www.asobist.com/guest/kodama/20111019.php

UPしております。
これにて当シリーズはいったん、閉幕です。

なに、すぐまた、いろいろ一新して再開しますよ。
しょうこりもなく…

これまで、応援、ご愛読いただいた皆様
ほんとうにありがとうございました。
再開の際にはまたまた
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/21

台湾的旅行生活-1

2011101901
10月19日15:05台北着!エバー航空BR191

2011101902
10月19日の晩ご飯どころ。

2011101903
台湾的「和食」。エビ&野菜マヨの薄焼き卵巻きみたいな。

2011101904
ビールに氷がついてくる。いらんがな~

2011101905
街のあちこちにセブンだのファミマだの。なんとなく眺めているぶんには、なんにも違和感がない。けれど写真がなければ商品の中身が全くわからない。同じ漢字文化なのにね。

10月20日
雨がそぼ降る中、ホテルのある「西門」から地下鉄で「台北」へ出て、バスで「龍洞・ロントン」まで1時間余。乗ったらすぐ寝てしまった。起きたらバスは海っぺりを走っていた。幸運にも雨は上がっていた。

2011102001
海岸ぺりの岩場。

2011102002
潮騒を聞きながらクライミング!ステキ!!

2011102003
30mもあろうかの高岩。

2011102004
頑張ってます。

2011102005
帰りのバス停近くの小さな漁港。イカ釣り舟かな?いかにも「旅情」を誘う。

2011102007
10月20日の晩ご飯。台北にある四川料理屋さんで。辛くて旨い!

2011102006
台湾ではまだ「生ビール」にお目にかかっていない。生ビールと言ったら、これが出てくる。すなわち「台湾的生麦発泡酒」な?!

2011102008
あ、派手なユニクロ!



「アラカン編集長モンブランを行く」の最終編
登っちゃいました-3
終わりは始まりの始まり
http://www.asobist.com/guest/kodama/20111019.php

UPしております。
これにて当シリーズはいったん、閉幕です。

なに、すぐまた、いろいろ一新して再開しますよ。
しょうこりもなく…

これまで、応援、ご愛読いただいた皆様
ほんとうにありがとうございました。
再開の際にはまたまた
よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/17

錦秋

10月17日
佐久に前泊で稲子岳南壁左カンテルート・クライミングにでかけた。

2011101701
取り付きまでおよそ2時間半。途中通りかかったしらびそ小屋の前の池に逆さ稲子が。まさしく山紫水明!

2011100804
いいよね~クライミング!孤高な高度感がたまらない。

2011100802
登ってきた下を見下ろせば、唐松が黄金色に色づいて、それは見事。これぞ錦秋!!終了点から。中央の山は硫黄岳。

「勝手に読書録」、2本、上がっております。
*下からUP順

今野 敏
「密闘」「義闘」「宿戦」__渋谷警察署強行犯係シリーズ3作
http://www.asobist.com/yomimono/book/121.php

今野 敏
「同期」
http://www.asobist.com/yomimono/book/117.php

当分「今野 敏」だな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »