« 桜、こもごも… | トップページ | 食っちゃ寝だよ人生は »

2010/04/05

また来ん春…

20100401sakura01

41

散るを知り

なお華やぐ桜花

潔しとは思わざるなり

渋谷桜丘のネパール料理店・マンダラの窓いっぱいの桜。文字通り「一幅の絵」のよう。

桜丘の桜並木が満開に近づくと決まって毎年マンダラでご飯したくなって、ムリにでもスタッフを誘い出す。ただ、いつもその日になって気まぐれに言い出すものだから、窓際の特等席には入れない。1ヶ月は前から予約しないととれないと店主。しかも7人?席なので、3人で入っても、4人で予約しても、この時期の単一コース料金×7だけはかかるんだって。かつて1人で7人分払って、この席を独りで満喫した有名人がいるとか。

今春はどこか胸が塞がって、桜を見上げると、そのうち目が熱くなってくる。スタッフと「アハハ」と飲みながらも、チラリ桜に目をやると、胸の内を切ない風が通り抜ける。

と、携帯のメール着信音。オスミさんから。件名「今上尾です」。

「また意識のないときだったらどうしようと、ドキドキしながら来たのですが、まりりんはお目覚めで、会話らしいものを交わすことができました」

マンダラの窓いっぱいに広がり咲く花々が瞬間、さらに華やいで感じられた。

20100401sakura02

深夜1時を回った桜通り。桜並木の坂上から。毎年、同じ絵柄を撮り始めてからもう、4年になるかな~

酔客もさすがにもう、まばら。23枚撮って慌てて1時半渋谷発青葉台行きの深夜高速バスに乗るべく走った。

20100403sakura01
4
3
家からほどない「寺家ふるさと村」では、この日から「桜まつり」。マゴ2人を連れてでかけた。ママが友人の結婚式に出席でバアは1日、子守なのだ。

出かけしなにおにいちゃんの幼稚園のお友達と出合って、「ボクも行く~」で3人男の子とバアの4人連れになった。

会場は干上がった田んぼ。里山の桜が人間様の浮かれ様子を優しく見下ろしている。梨の白い花も見える。

地元で採れたコンニャクの味噌田楽、焼き鳥、フランクフルトなど思い思いに「お昼ご飯」がわり。

だけどさ「食べる」って言ったじゃん。草団子も。だから1パック買ったのに。誰も食べないって、どういうことよ。仕方がないから、アタシが独りで全部食べた。

うぷ。

近隣の和太鼓連の演奏を楽しんだり、そのうちおにいちゃんが用水路に足をはめて、ズボンやらクツシタ、クツをビショビショにしたりで、気がつけば4時前。

上天気で、ポカポカの日差し。おまけにだっこしているチビの体温にも温められて、なんだかとろとろしそうになったり、「胸塞がる」ヒマもなかった。

44

去年は去年

今日は今日とて桜花

時の過ぎしを

覚えざらまし

「ショーちゃん、ブツブツが出ました~」

朝、長男のヨメさんからメール。

あらら、やっぱり~!

5日のワタシの欠勤が確定した。

実はおにいちゃんは水疱瘡から治ったばかり。潜伏期間から測って、そろそろチビが発症するんじゃないかとママの心配どおりになったわけだ。

昨日はなんでもなかったから、この分だとダイジョブかな?と思ったのにね。子どもって、ひっくり返る寸前まで元気なのよね。

5日はおにいちゃんの入学式で、ブツブツのチビを連れて行けないから、バアとお留守番だ。

まあ、スーツ着て「バアが入学式参列」の段にならずによかった。実はママは水疱瘡は未患で、もしかしたらチビと同じにブツブツになる可能性もあったのだ。

小学校の校門前の桜も明日は満開になるだろう。

なんだかんだと季節は巡り、今また桜の春…

あああ、61回目!

|

« 桜、こもごも… | トップページ | 食っちゃ寝だよ人生は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/48000658

この記事へのトラックバック一覧です: また来ん春…:

« 桜、こもごも… | トップページ | 食っちゃ寝だよ人生は »