« 晴天!冨士秀麗!!! | トップページ | 忘年会 »

2008/12/02

日にちが薬

昔の人はよく言ったもんだ。

日にちが薬。

月曜日、どのくらい針縫ったかは訊かなかったが、縫う前の麻酔注射の方が、よっぽど痛かった。

大した大きな傷口ではなかったはずだが、ちょっと深かった。帰宅後、消毒したら、傷口から気味を帯びた魚卵のようなのがウニョウニョ出てきそうになる。
いやいや、ほんの木綿糸ぐらいチョッピリだからね~

「このウニョウニョの脂肪とかお腹の方とかにつながってるかな~?」

「???」

「ズルズルッと引きずり出したら、スリムになれるかしらん」

「あ、それいいですね、私もやりたい!」

などオチョケな冗談言って看護師さんらに大ウケ。

なにせ、曲げ伸ばししてこその使い道な膝だったから、まともに歩けなかった。平たいところさえ、トロトロ歩き。階段の上り下りとなれば、1段ずつ。椅子に座る、便座に腰かけるすら「イテテ」な始末。


それがどうだろう、たった
1日のことなんだが、平たいところは、もちろんスタスタ。椅子に腰かけて脚組んじゃったりして。階段も登りは右左、交互に出して、ちゃんと登れる。ありがたや。

明日はスクワットができるようになるかも。

しめしめ、この分でいくと、今週末のクライミング、いけるかもしれない!

だってね~絶好調なのよワタシ。

どうしても乗っ越せなかった胸より高いスタンスのちょいハングな核心をヒョイだったのには、自分でビックリ。

「ずいぶん上達したね」

なんてリーダーにお褒めいただくは「少女のようよ」など仲間におだてられ大喜び。

この感じ、覚えてるうちに是非、次トライしたいわさ。やっぱり。

それと、もうひとつ課題をみつけた。

阿闍世(あじゃせ)コンプレックスの克服。


今回の膝割れ、前回の手親指の突き指、前々回の右足首捻挫。いずれも、下山時で足の筋肉疲労だけでは済まされない、「何か共通要因が内側にあるのでは?」ハタと思い当たったのだ。

かの心理葛藤を抱くものの特徴として「逆境には強いが、順境に落とし穴にはまる」というようなことを書物で読んだことがある。強くその当該者だと自覚しているのだから、人一倍注意する必要があったのだと、再確認したのだ。

単に「ドジなのね~」とは、決して済ますまい…

|

« 晴天!冨士秀麗!!! | トップページ | 忘年会 »

コメント

Time is on your side. だね。でも無理をなさらず。

そういえば,順境には我慢ならない,みたいなところがあるよね。

投稿: まったん | 2008/12/02 23:55

[阿闍世コンプレックス]小此木啓吾の本があるよん。

投稿: ねんこ | 2008/12/03 00:05

まったん様

ガンバリますhappy01run

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/12/03 13:29

ねんこ様

確か私が読んだのは
小此木啓吾よりもっと昔の
日本の心理学史上、くさわけ的な方の書物と
セラピストの
やはり草分け的な女性の本だったような記憶があります。

小此木さんのも読んでみますね。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/12/03 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/43298177

この記事へのトラックバック一覧です: 日にちが薬:

« 晴天!冨士秀麗!!! | トップページ | 忘年会 »