« ぅわッ!大変!!! | トップページ | 密輸品 »

2008/08/24

ムネン×2

無念じゃー!!!

823日秩父・二子山にでかけた。中央稜マルチピッチ。

クライミン・グー!…のどころじゃなかった。

壮絶!

9月の北岳バットレスを控えての「練習」ということで、雨天決行。

初ホンチャンが雨。なんちゅこっちゃ。

天候変化が激しい高山でのバリエーションでは雨にしてやられることも多々。ちょうどいい練習になる。

というリーダー・指導者の考えだった。

当然のことながら、ぬれた岩はヌルヌル滑る。乾いていれば使えるホールド・手がかり、スタンス・足がかりも使えない。

1ピッチ(登りはじめから最初のテラス・広い場所まで)目、しょっぱなで滑る岩の怖さを体験。全く自分では「滑るぞ」感覚なく、いきなり落婆?!した。

後続のリーダーの上に落ちた。

す・す・すみませ~ん!

2ピッチ目。

難所をどうしても乗り越せなかった。

例によって、次なるスタンスが腰より上位置。3回落ちた時点で腕がパンパン。

どうにもならんっちゃ。死亡!

どうにもならん、ったって、どうにもならん。

取り付いたら、行くしかないのよ。

後続のリーダーが順番を変えて先に難所を越え、回避ルートを探してくれた。

大きく右に回って、トラバース(横歩き)で正規ルートへ戻る。

この回避ルートが恐ろしくコワイ。

ものも言えず、ド・ド緊張!

「トラバースいけそう?」

上からの声に

「順調で~す」

下で見守る次チームが応えてくれる。

テラスに着いた時はグテグテ。

「ホラ、すぐ確保!」

「1から10までモタモタしてたんじゃ、どうしょもないよ!」

怒られっぱなし。

マジ、メゲました。

怒られたことにじゃなく「こんなんで後もう3ピッチやれるんだろか?」

死に物狂いのクソ力もさることながら、人間の回復力ってスゴイんだ。改めてビックリ!

3チーム編成の1stだったので2nd3rdが上がってくる間、若干の時間が開く。

「いつになく、えらく大人しいね」

もう、口きくユトリもなく、ボロ雑巾のようにヘタリ込んでいたのが、少しの休憩の後に、なんとかやれるようになっている。

3ピッチ目、なんとかクリア。

4ピッチ目のラストがとてつもなくコワイ。一抱えぐらいの岩のでっぱりの外側を行く。足がすくむ。首筋の皮膚がゾワゾワする。唇がシリシリしびれるような…

やっとこさっとこクリアしてテラスでしゃがみこんでたら

「ぼーッとしてないで、手伝う!」

絡んだロープをほどかないとロープワークがスムーズに行かないのだ。テラスについたら「休憩」なのではなく、先に行く人、後から来るチームのサポートをする。そこで「何ができるか」常に気働きを怠らず、積極的に行動する。

その合間を縫って、各自の判断で水分を補給したり行動食をとったり。
わかっていても体が動かん!

ま、絡んだロープを調整するぐらいしか、ワタシにできることはないんだが。

普段、特にトロイ方でもないと自分では認識しているんだが、なぜか山へ入ると大トロ・ドジキャラ。いや、全く自分にチキショですわ。

5ピッチ目を終え、装備を解き、一般ルートで下山したら夕方の5時。

登り始めが10時半だったから、下山の30分ほどを差し引いても4時間のクライミング。想像をはるかに超えた過酷!

しかし、リードで登ったのは女性。ワタシのド緊張どころではなかったろうが、もうワタシには想像さえできない。

何が無念て、2ピッチ目、難所を越えられず落ちた、ということより、一瞬でも「ダメかも」が頭をよぎったこと。

この過酷な初体験にも懲りず、9月には北岳バットレスに参加するつもり。

懲りない症・諦めない症なワタクシなのではあります。

もっとも、リーダーをはじめ、ご一緒していただいた面々こそコリゴリだったんじゃないかな~?

9月の北岳、「技能、体力を鑑みて、今回は見送り」ってなことになるやもは既に覚悟。

無念じゃーッ!!!

少しでも荷を軽くしなければならない、とは分かっていたが、密かにザックにカメラを忍ばせた。

いやいや、撮るどころじゃなかった。

持って行って、また持って帰っただけ。

ワタシのホンチャンデビューは辛うじてなったが、FUJI_FINEPIXのデビューはできなかった。

これは、クライミング・ホンチャンには永久にムリかもしれないと思ったりする。高性能なコンパクトデジタルを別途、考えた方がよさそうだ。

ってさー
相当したのに、また「購入」って、ど~よ~!!!





「まりりんの日々修行」更新中!

823

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-08.html#20080823




新田次郎『剣岳 点の記』【文春文庫

822日、定食屋でレバニラ炒めを食しながら読了。

|

« ぅわッ!大変!!! | トップページ | 密輸品 »

コメント

わかった。バッドレスって,つかむところがないみたいな?

そんなに苦労してまで登らんでも。山歩きに留めようぜ。

投稿: まったん | 2008/08/24 20:01

まったん様

バットレスというのは登山用語では岩壁ということらしいです。
越沢や北岳のそれはもう、固有名詞化しているとか。

もともとは建築用語だったみたいです。
アーチ門のように建築物本体より外部に張り出した建造を指していう、とあります。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/08/25 00:18

追伸

面白くてやめられません。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/08/25 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/42258053

この記事へのトラックバック一覧です: ムネン×2:

« ぅわッ!大変!!! | トップページ | 密輸品 »