« 感情・勘定?(整理?) | トップページ | ヤマテンホテン »

2008/05/02

感情・勘定2

父が亡くなったことに伴い、しなければならないことをリストした。A4三つ折りサイズの手帳の1ページがいっぱいになった。メンドクセ!!!

ひたすら「メンドクセ」と思うのは父娘関係にもよるのだろう。決して円満な関係だったとは言い得ないのだから。

トラブルメーカーだった父が飛ばす火の粉をかぶるまいと、せいぜい逃げ回った。父がトラブルメーカーだという自覚をしていたかどうかは別として、少なくとも逃げ回っていた限りにおいて、ワタシはリアルな感情をぶつけることはなく、父がワタシの真実、胸のうちを知ることもなかったろう。

通夜、告別式の合間にムスコらが冗談めかしにアタシに言った。

「なんか、ウレシそうだね」

「そーねー、やっとひとつ仕事が終わって、セーセーって感じかな~」

ムスコは目をむいた「そーゆー言い方、ないんじゃない」。

率直な感慨をムスコに投げるべきだったのかどうかはわからないが「まあ、しょーがないよねー、そう思うのも。大変な人だったから」とムスコは返した。

「たとえば、こうしとけばよかった、とかある?」

ムスコは続けて訊ねた。

「ウン。ちゃんと文句、言っとけばよかった。きちんと向き合ってケンカするべきだった」

実はそれは、しばらく前に気づいていた。父がスカタンになり始めた時「しもたッ」と。

その時の喪失感の方が、実際に亡くなった今のそれよりもはるかに大きい。

来年、ワタシは還暦。

定めの星の暦を一巡する前哨としての父の死であるなら、その道標をしっかり見すえて次の暦に踏み出そうと思う。

山積みの処理すべき事項は母と相談しつつのことも多い。父とセットのトラブルメーカーな母とは、しっかり渡り合おうと。

いや、それですら遅きに失した観、なきにしもあらずだが…




久しぶりにまりりんに携帯した。出なかったのでメールした。

「どんなアンバイ?」

「最悪!!ゲボとゲリ」

電話で話すのはちょっとムリっぽかった。

白血球数がそこそこ戻って、抗がん剤治療を再開したのかもしれない。

シンドイんやろな~

「ガンバレよ」メールの文末にハートマーク3ケほど入れといた。

「キモ!」言うな~




「勝手にアウトドア」に

クライミング その1

http://www.asobist.com/outdoor/2008/kamurikiyama0804/01.php

クライミング その2

http://www.asobist.com/outdoor/2008/kamurikiyama0804/02/02.php

UPしとります。

|

« 感情・勘定?(整理?) | トップページ | ヤマテンホテン »

コメント

 ご愁傷様でした。m(_ _)m
 何時もの編集長様に、早くお戻りになられることを・・・。まあ、私が心配する事ではありませんかな? 
 私の場合は、先に母を送りましたが、その時既に父は脳梗塞で半身不随。三年後に父も他界致しましたが、愛妻と二人で、介護をしましたが、豪い騒ぎでした。今思うに、もっと長生きして欲しかったです。「親孝行したい時には、親は居ず」ですかな・・・。

投稿: ミノカサゴット。 | 2008/05/02 20:17

いろいろ大変でしたね。
ご愁傷様です。

私の母は私が19のときに亡くなりました。
父は101歳まで生きてました。

男の方が残ってしまうのは
なんだかみじめな感じがします。

まぁ両親には孝行してあげられなかったな。
いま思うと...

投稿: しげぴー | 2008/05/02 20:49

そうですね,本音でドンパチしといたほうがいいですよ。何でも。

まりりんさん,辛かろうね。

投稿: まったん | 2008/05/02 21:25

「きちんと向き合って喧嘩すべきだった」
この言葉に私もグサ!

私もなるべくなら関わりたくないと
母親から逃げてますからね~。
しんみり考えさせられます。

まりりんさんも頑張ってる!!
私も逃げずに向き合う頃かも

投稿: eiko | 2008/05/03 01:07

人間は生き延びるのに「所属感」を必要としているのではないだろうか、とこの頃考えます。誰かによりかかている、誰かの役に立っている、どこかに誰かがいる、何でもいいと思います。それがなくなると、うつろになるような気がします。だから、いやな相手でも離婚をしない。
おばちゃんには、少なくとも3人の息子がいる。母上も、おまけに夫までも、あは、この人が最初にくるべきなのにね。
それと、父上が亡くなられても、作業は続けられますよ。
墓に抱きついて泣いたという人もいることだし・・・。

投稿: ねんこ | 2008/05/03 11:59

お薦めの本を書くのを忘れた。
①上野千鶴子なんかこわくない
②親の家を親の家を片づけながら

投稿: ねんこ | 2008/05/03 12:03

Dr.Mino

親を送ったら
間もなく「自分の番」ですか~
当分介護時代というわけですね~
やれやれ…

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:17

しげぴー様

101歳はご長寿でいらっしゃいました。

そうですね
バアよりジイの方がかさばるとは
よく言われますね。

けど、山男はマメだからダイジョブでしょ。fujihappy01

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:21

まったん様

そーですね
マジでかかわるにはドンパチも必要ですよね。

ガンバリます?!coldsweats01

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:23

eiko様

お互い、ガンバリ?ましょcoldsweats02

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:25

ねんこ様

作用・反作用関係は、やはり健全でないですね。

「いやな相手でもガマンする」状態は
自分の足で立たないで、つっぱる反作用で立っているわけで、形を変えた依存ですもんね。

きちんと自分の足で立って、相手と対峙する。
マジでケンカするって、そうゆうことだと思います。
NOがいえないタイプには、これが案外ムツカシイ。
ま、防衛戦線、作戦変更って感じで、
自己変革の次暦が構築できそうな気がしてます。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:34

ねんこ様

その2作、そちらの古本屋さんに在庫アリ?

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 05:36

上野・・は在庫ありますが、アマゾンで勝った方がたぶん安い。
実は、親の・・は私もまだ、読んでいない。批評を読んで、ぜひ読もうと思っていたところの本で、まだ手に入っていない。
題名がよいではないですか。
いらっしゃるなら、本は差し上げますが・・。
では、また。

投稿: ねんこ | 2008/05/04 13:33

ねんこ様

了解!

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/05/04 14:45

なぜ「親の家」を繰り返すのだ?

誤植か,ねんこさん?

投稿: まったん | 2008/05/05 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/41067718

この記事へのトラックバック一覧です: 感情・勘定2:

» 抗がん剤治療をためらわせる脱毛という壁 [抗がん剤治療を後押し 医療用かつらのチカラ]
抗がん剤治療の辛さを少しでも和らげるために医療用かつらは活躍しています。 [続きを読む]

受信: 2008/05/03 10:18

« 感情・勘定?(整理?) | トップページ | ヤマテンホテン »