« 谷川岳 | トップページ | 酔桜 »

2008/03/28

なんだかな~

080326 病院カレーである。
撮ったのは13日。
父の受診に付き添っていった病院食堂で食べた。

昨日26日も同じ病院へ行ったが、食事はしなかった。

13日に食べたのが、どんな味だったか「特段まずくはなかった」ぐらいしか、思い出せない。

ホームに入居してる父が先月末ぐらいからちょくちょく熱を出したりするようになった。
その都度、ホームでは救急で国立の災害医療センターに連れていってくれていた。しばらく前に心臓のペースメーカー埋め込み手術を受けた病院だ。

最初は「風邪でしょうか」なふしもあったが、度重なるごとに回復に時間がかかり、頻度もましてくると「肺がんに因する熱発ですね」となる。
すなわち医療施設ではないホームでの生活に限界がきたと示唆された。

あたってみたホスピスへの入所が困難だと判明し、どこか医療機関とパイプをつないでおかなければと考えていたところへ、「考えているヒマはない」状態になってしまった。

「ともかく一度受診」ということで13日に日野市立病院へ行った。受診の結果翌日の入院が決まった。

「食事してきてください」ホームの担当介護師に促されて、病院の食堂に座った。

「この病院で終わるんだろうな」

カレーを食べながら、父の次の入所先をどうするかという件が落着した安堵と「いよいよか」というのとが入り混じった。

26日はその後の経過と今後の段取りなどについて担当医から説明を受けるべく午後3時に約束がしてあった。

担当医によると、どうやら父はここで終われるというわけではなかった。

日野市立病院は急性の病気を治療するところなので、低空飛行で膠着した場合はそれなりのところ、すなわち老人介護病院へ移らなければならないという。

「なんだかな~」

また病院探しかと落胆していたら、病院つきのソーシャルワーカーが動いてくれるという。
いっぺんに安心した。
安心はしたが「なんだかな~」は居残っている感じ。

父は2002年にホームに入居してから6年目になる。

ってこともあるにはあったが、ブログさえ書いている時間もなくバタバタしている間には、嬉しいことだってあったさね、そりゃ。

イロイロさ。そんなもんださ、浮き沈み。人の世の常。

まあ、桜も咲いてら~、てんで、一杯引っかけて帰ったよ今夜は。
そしたら、なんだか違う駅で降りちゃった。

改札を抜けたところで、どっかのオジサンがなんか言ってる。

「藤が丘、市ヶ尾方面、お帰りのお客様はいらっしゃいませんか~」
「???」

「オタク、どちらまで?」
「青葉台」
2500円で乗せたげるよ」

ははーん、俗に言うシロタクだな。

「さあ、行きましょ」

ったら、そろった面子が総勢4人。
乗り込んでからが大変。そろいもそろって、みんな、ちょい冷めかけた酔っ払い。

「ダンナに怒られないようにね~」
「怒られるうちがハナっしょ~」
「寝ちゃったんだよね~」
「乗り過ごしちゃったよね~」
「いやや、電車がすっ飛ばしたのよ」
「タマプラの次が長津田っておかしいっしょ」

ちいとばかし、ロレツがロレロレ気味の他愛もないおしゃべり。

あちらの公園、こちらの学校脇に桜が満開の通りを抜けて、酔っ払いタクシーは夜をかけたのでありました。

なんだかな~




「まりりんの日々修行」更新されてます。

311
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080311
3
13
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080313
3
14
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080314
3
18
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080318
3
22
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080322
3
24
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-03.html#20080324



「勝手にアウトドア」に
雪洞講習@谷川岳・その1
http://www.asobist.com/outdoor/2008/tanigawadake0803/01.php
UPしとります。


3
15
船戸与一『虹の谷の5月』上下【集英社文庫】
翌日の雪洞講習@谷川岳を控えて前泊した「土合ハウス」で読了。

|

« 谷川岳 | トップページ | 酔桜 »

コメント

うちの父もホームに入って6年目です。
なんだか他人(ひと)の日記のような気がしません。

投稿: みこ | 2008/03/28 13:37

大変だったですね。持ち前の「気力」と明るさで乗り切ってね。ファイト!cake

でもとりあえず自分の身体が今いちばんだからさ。

投稿: まったん | 2008/03/28 15:25

なぜか諸行無常という言葉が浮かんでしまいました。時の移りかわりと共に世代も交代していく。でも!それに抗うのもまた一興!「最後まで諦めの悪い奴」こーゆーのが自分は好きですけど(カッコ悪いかな?)
なんか意味不明な事書いちゃった(削除可)

投稿: ツルちゃん | 2008/03/28 19:23

みこ様

親を送る世代なんですね~
順番ことはいえ…

など言ってるうちにワタシらの番ですよね~

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/03/31 07:37

まったん様

既に大役を果たされたまったん様
お疲れ様でしたね。

自分の中身がどうなっているのか
よくわかりません。
困ったものです。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/03/31 07:39

ツル様

諦めのわるいヤツ・代表選手ですcoldsweats01

ので、ごひいきに!smile

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/03/31 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/40660952

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかな~:

» 関西のオートキャンプ場 近畿 奈良県天川村 円空の里なごみ村オートキャンプ場 [関西のオートキャンプ場]
関西 オートキャンプ場の中では比較的新しいオートキャンプ場 関西 奈良県 天川にあるオートキャンプ場です。 [続きを読む]

受信: 2008/03/28 06:57

« 谷川岳 | トップページ | 酔桜 »