« ブルーマンデー | トップページ | カタルシス! »

2008/02/01

カラメン大根

08012701

命名はアタクシ。

味の決め手が辛子明太子だから。

やってみて、旨いから。ご飯にもツマミにもいいんだから。

材料は大根、白菜の白いとこ、ピーマンと辛子明太子。

各々の野菜を粗めのタンザクに刻んで、ごま油でサッと炒め、メンタイをほぐし混ぜ、コンソメ顆粒で味を調整する。

冷蔵庫を開けてから食べ始めるまで、ものの10分程度。ってなナンチャッテ・レシピさ。

127日にヤマモリ作って撮って、ヤマモリ食べて、それでも余ったのが今も冷蔵庫で眠っている。


なんだかチャンスを失い時間が経ってしまった。

残念至極!

旨いのに~!!!

こうなると、密閉容器のフタを開けるのすら億劫。

だってハンパなんだもん。

まだ腐ってはいないだろうが、味が落ちてしまっているのは否めない。

ま、しっかり「逝く?」「行く?」ところまで眠っていていただこう。もったいないの「も」の字も思わず、安心して捨てられるようになるまで。

しっかり「主婦・おかん」やってた時のクセはオサン生活に慣れた今も抜けきれず、ついつい作りすぎちゃう。

ヤンなっちゃうぜ!



「まりりんの日々修行」更新されてます。

130

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-01.html#20080130


「勝手にアウトドア」に

鍋割山登山

http://www.asobist.com/outdoor/2008/nabewariyama0801/01.php

UPしとります~

131

桐野夏生『玉欄』【文春文庫】

帰りの電車が最寄の駅に電車が滑り込んで、もう少しでドアが閉まるってギリギリで最後の1行を読み終えた。


アブナネ~

|

« ブルーマンデー | トップページ | カタルシス! »

コメント

 なるごどねえ。

 それじゃ、ボクは違うバージョンで。

 昆布茶を使ってみようかな。

投稿: ひゃく | 2008/02/01 05:31

手軽で美味しそう!
私もチャレンジ!!^^

冬場の大根は、身体にとてもいいですよね
大根を輪切りに薄くスライスして蜂蜜に漬けて冷蔵庫へ保存。
 毎日、その輪切りを食べて風邪予防薬になってます。

おばちゃんも試してみて~~^^
これなら作り過ぎても、大丈夫ヨ

投稿: eiko | 2008/02/01 09:34

ひゃく様

昆布茶、いいかもしれません。
ピュア&ヘルシーですね。

恐らく
ニュルニュル成分が出ないうちに
サッサと混ぜて仕上げるのがコツでしょう。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/02/01 15:47

eiko様

くれぐれも、炒め過ぎないようにね。

フライパンはアツアツにしておいて
「炒める」「火を通す」というより
フライパンの中で材料を合わせるぐらい。

野菜がシンナリしないうちに仕上げるのがコツ。シャキシャキが命。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/02/01 15:51

おばちゃん,そういう「なんだこりゃ素材」でおいしいもの作るって偉いね。

心ゆくまでダメになるまで捨てられない,この気持ちが分かってしまうわたしっていったい?

投稿: まったん | 2008/02/01 18:46

まったん様

「なんだこりゃ材料」レシピこそ
食いモン作りの醍醐味でしょよ。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/02/01 23:01

ひとつの文章でも、各人の読み取るところが違っていて、おもしろーい。
ちなみに、私は、家族も居なくなったのに料理を作りすぎる、というところにいたく共感しました。
美味しそうだけど、3回も4回も続けて食べる羽目になるのです。
だって、1回分なんて、大根なら、3センチ分くらいなんだものね。
先日も、「ぶりのあら」があまりに美味しそうで、ぶり大根を作ったのはいいのですが、最終的には、・・・・。

投稿: ねんこ | 2008/02/02 00:49

ねんこ様

そうそう。
「適量」の意識がぶっ飛んでる、のもだけど
美味しく仕上がる「量」ってのがあって
つい、それが離せないのよね~

でも
美味しいものでも
3回目からは「義務」になり
4回目はウンザリ
それ以上は見たくもない…

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/02/02 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/17914898

この記事へのトラックバック一覧です: カラメン大根:

« ブルーマンデー | トップページ | カタルシス! »