« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/27

春キキ嬉々?狂気?!

ふと庭へ出てみた。

結構な風が吹いているのに、ほとんどネマキ姿みたいな薄着でも、ちっとも寒くない。

キキが家の中から呼ぶ。

「オイラだって出る~!」

出てみたはいいが、風で木々の枝が騒ぐのが怖いらしい。いくらもしないうちに窓のソバへ行って「やっぱ帰る~!」

開けてもらえないと知るや、何するかと思えば、あらら、植木鉢に入っちゃった。

08022701

枯れ木も山の賑わいとは聞いたが、植木鉢でキキの花かーッ?!

いつまで経っても鉢から出ないので、つまみ出してやった。

ビビリーなキキがパニクった。

チョビットの物音にもいちいちビクついて、たんびにアタシの足元へかけ寄ってきて足にかぶりつく。

イッターッ!なにすんねん!!

アンタ、どーゆータイプやねん!

怒ってもダメなんである。よけい攻撃態勢をとってかぶりつくだけ。

やりたいだけ、やらせておく。

ちょこっとうろついては、走ってもどってきてかぶりつくをしこたまくり返し、ようやく気がすんで安心したのか、枯れシバの上で遊びだす。

枯れシバの地下茎に爪をひっかけて、爪を軸にして身体を左右に反転させる。

と、突風にあおられて隣の家の何かが落ちた。

ドサッという音と同時にキキが飛び上がった。寝た姿勢のまんま垂直にだ。

もうねー、大変!!!

狂ったようにアタシに突進。これでもかと足にかぶりつく。

さすがの「ねこママ」のアタシも降参。

飛びかかるキキをいなしながら、ようやく窓にたどりついて、窓を開けたとたん、キキがすっ飛んで家に飛び込んだ。

キキがシバの上で転がるのを見てアタシは大笑いしてたが、どうもキキは遊んでたというより、なんとか怖さを紛らすのに必死だったということらしい。

何事もなかったようにキキは床でねそべり、アタシは足首にオロナインを塗る。

ってな早春の図…




「まりりんの日々修行」更新されてます。

220

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080220

222

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080222

223

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080223

225

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080225

227

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080227



「勝手にアオウトドア」に

天狗岳登山その1

http://www.asobist.com/outdoor/2008/tengudake0802/01.php

その2

http://www.asobist.com/outdoor/2008/tengudake0802/02.php

UPしとります。

桐野夏生『冒険の国』【新潮文庫】

122

帰りの電車中、読了。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/17

キンキン!!!

ただいま~今夕もどりました。

ハンパない気温。マイナス20度。

寒い、冷たいというより「痛い」。

スゴかった~!!!

感動!!!

船戸与一『砂のクロニクル 下巻』【新潮文庫】

215

最寄の駅に電車が滑り込んで、やむを得ず本を片手に飛び降りた。

あと45ページのところ。

翌朝山行きではあるが、どうしても読みきりたくて、準備を終えてから本を開いた。

なんなく読了。あわてて布団にもぐりこんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/15

荷造り

ご飯して、駅近コンビニで買い物して家に到着2150

これから準備です。

明日は朝500起きだな~

いよいよ八ヶ岳・天狗岳へ登ります。

どんなんかな~

ドキドキ・ワクワクします。

いってきま~す!!!

「まりりんの日々修行」更新されています。

214

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080214

215

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080215

「勝手にアウトドア」に

鷹ノ巣山登山

http://www.asobist.com/outdoor/2008/takanosu0802/01.php

UPしとります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/13

冬また楽し!!!

神保町へでかけた。

石井スポーツ「登山本店」でオーバーグローブを買った。

雪上訓練@赤岳鉱泉の際、登山口から鉱泉へ行く間、用意したオーバーグローブはあまりにもキツキツだからか、保温性が今ひとつなのか、指先が痛いほど冷たくて往生した。「ちゃんとしたのを用意した方がいいよ。選んであげるから」アルペンガイドのオオモリ氏が店を案内して選んでくれた。

帰りに「
Bondi」なる店でカレーを食べた。

カレー通の指南によると、神保町はカレー店の激戦区で味自慢の店が多いのだが、中でもこの店は初級者?!向けにはオススメなんだとか。

08021301ビーフカレーを注文したら、間もなく出てきたのが皮つきの馬鈴薯をふかしたの。バターが添えられている。カレー屋でジャガバタが出てくるなんて。

割ってバターを乗せたらジュワーッと溶けて旨そ!

08021302ビーフカレー。

「甘口」はないな、だったが「中辛」「辛口」がどのくらい「中」で「辛」かわからなかったので、無難なとこで「中辛」にしといた。

バターがしみこんだ馬鈴薯とカレーをほどよい分配率で一緒に食べる。

これが中辛なら辛口にしてもいけたかな?!ほどの中ぐあい。

カレーは誰にもすんなり受け入れられるオーソドックスタイプ。つまりフツウに旨い。

「ヒネリの入らないカレーが食べたい」ような時が確かにあるよね。

なるほど初級者向け。

08021303テーブルの真ん中に香味セット?

カレーには欠かせないラッキョウの甘酢漬けと福神漬け。真ん中はレーズン&チラホラ、アーモンドフリット。




今日は横浜も東京もことの他、寒さが厳しい。たいそう風も吹いている。

神保町の交差点を渡る風も乾いていて、身を切るように冷たい。

ジャケットの前を開けたまま、ズンズン歩く。首筋や脇に風が遠慮なく押し入ってくると、胸の中で音がする。

無数の氷の粒のようなのが一斉に降り落ちる小さな音の集合のような。

こんなに冬が楽しいなんて!

存分に冬を楽しんだ後の「春」はまた、だからこそ格別なものになるだろうな。


確実に四季観が変わりつつある。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/12

ほぼほぼセーフ!!!

健康診断してきた。


でかける間際までPCに向かっていた。

もう化粧するどころじゃなく、アタマもグシャのまんまバタバタでかけた。

夕べから一睡もせず、タバコ・パカパカのヤニでくすんだようなものすごい顔色で、前日の予想外?雪山の余波で両脚がむくんでパンパン。健康診断なんだか不健康診断なんだか、もうわけもわからん状態。

身長、体重測定。身長、また縮んだ。あ、体重聞くの忘れた。

レントゲン、エコー、胃造影etc.即日わかる項目は全て異常ナシ。

そうそう2年前より骨密度が上がってた。
このおん歳で?!スゴクね?!

おかしなことに徹夜明けって興奮状態なんだね。

血圧、スルッと異常ナシ。9860。ま、低めではあるがさ。

変な話、ちゃんと寝て、前の晩から飲まず食わずで出かけると、病院につくころ頭がボワーンとしてくる。おまけに血圧の前に採血だったりすると、もう文字通り「血の気が失せ」て、8453とかになったりする。バイタル計につながったら即「ピピピ」じゃね、ってほど。

看護師さんに「ダイジョーブですかー?!」「いつもこーなんですかー?!」と訊ねられ、あーだの、こーだの「言わなきゃ」なんだが、この度はこちらから「あのー、血圧は?!」など持ち出さないと話題にもならなかった。

あとは血液検査と尿検査、血便検査などは報告書待ち。まあ、問題なかろう。

何が困ったって、朝早くの開始だったから、昼前には終了したんだが、あんまり腹ヘリだったんで「カツカレー!」食っちまっただーよ。

午後の3時ごろ事務所の机に突っ伏して寝ちゃったら、どーしよー!!!

それだけが心配なんだわ。

言っときますけど
報告書が郵送されてきても言わないからね。

体重と体脂肪はゼッテ・ナイショ!!!




「まりりんの日々修行」更新されてます。

212

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080212

ぜひ・ぜひ、のぞいてミソ。わろてまうで~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/02/11

無念じゃあ!!!

鷹ノ巣山の積雪、予想をはるかに超えてた。

ハンパじゃなかった。

080210 

プチじゃなくホンモノの雪山風情。40cm50cmはアタリマエ。最も深いところで腰まで。

1番手で歩いてラッセルしたのは知らないおにいさん。2番手豆板醤、3番手がアタシ。

1400を回ったところで、まだ頂上まで1時間はかかるだろうと予想された。

で豆板醤が「撤退」判断。

おにいさんはテント持ちだったので、恐らく明朝、登頂するだろう。

あとから追いついて、アタシを抜いていった男性3人パーティーも女性の単独行も、そろって同判断で回れ右組。

頂上は踏めませんでした。

それでも下山は1635。ギリチョンパよ。

アタシがもう1時間早いペースで歩けたら、ってなオソマツ。

いやいや、侮れません冬の山。

ってか

アタシ、やっぱ日ごろランニングぐらいはせんとあかんわ~ホンマ。

ってな、取り急ぎご報告まで~

追ってルポUPします~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/02/10

いってきます~

28

ベッドの中で一気に「岳」を読んだ。

石塚真一『岳・ガク』【小学館・ビッグコミックス】

29日深夜読了。

読み終わっても、もっと読みたくて1、2中でも気に入ったのをもう1度読み返した。

結局のところ全部を3回通りぐらい読んでしまった。

すごーく、いい感じで眠りにつき、翌朝はチョー爽快に目が覚めた。

29

洗濯物を干していたら、ふと庭に水仙が咲いているのに気がついた。

080208

暮れに庭師さんに剪定してもらった以外、1年以上これといって手入れなどせず、ほったらかし状態だったのに、ものすごい花つき。

花房が大き過ぎて、ついには茎が花の重みを支えきれず、折れ曲がっているのもたくさん!これから咲くツボミもいっぱい!!!

草抜きもせずボウボウのまんま、暑い夏に水遣りもせずカラカラ。過酷な条件下で消えてしまった草花も多いだろうが、だからこそ立派な花をつけたりする水仙のようなものもある。


ちょっと辛いとめげるヤツ。体力不足で消えるヤツ。返って頑張るヤツ…

どこも一緒なんかね~

ところで奥多摩地方のピンポイント天気予報。

数時間で様子が変わっていた。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410/13308.html

豆板醤と協議の上、日程を変更した。

と思ったら「バリバリやることやったろじゃん!」気力モリモリ!!!

ワーイ!210日・日曜日、鷹ノ巣山へ登ってきます~♪

豆板醤がメール添付で送ってきてくれた山行行程のタイトル。

「自主トレ」がアタマについていた。

ちょっと「うふ」な感じ…

来週の土日、アタシは八ヶ岳・天狗岳、豆板醤は硫黄岳。



「まりりんの日々修行」更新されてます。

29

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080209

まりりん、コンビニ散歩の巻…うふ



ってなことで、行って参りま~す!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/02/09

玉石混交ナイト

「来るもの拒まず」なんてもんじゃない。近づくものには見境なく食らいつく。なんてスタンスはそろそろ卒業したい、など思うこのごろ。

働き蜂も働き蟻も出かけていって戦利品を巣に引っ張り込むんである。嗅覚を頼りにただひたすらチリチリ・チリチリ歩き倒して獲物をめっけるんである。

「チリチリ、やってみっかー!」ソロソロ巣穴から顔出そうとしたら、顔の前に獲物が!

習性で思わずかぶりついた。

首尾は上々、には違いないが

「日程、ちょっとキツキツですね~ずれちゃうかもです」

正直申告したら

「日程はずらせません、できたとこまでいただきます」

とつっこまれ

「いや、できるだけ頑張ります」

ホラ吹くつもりでもないんだが、流れでヤル羽目に。


KY
の誉れ高き(そうなんだって。知らんかった。ってとこがソモソモKYなんだらしい)ワタクシもこういう空気はちゃんと読む。「中身よりチョウジリ合わせが優先の段階なんだな」と。


この読み、正しいのかな~?!

ま、やりましょ。ヤルっきゃないし…

キツキツのスケジュールなんだが、こういう時こそ焦りは禁物。じっくり戦況も見すえねばならない。

明日、明後日きっちり仕事して月曜日は予定通り日帰りで山に行くことにした。

奥多摩・鷹ノ巣山。


ピンポイント天気予報だと、土曜日は
15時ぐらいから雪。

日曜日は時々雨、降水確率50パーセント。

月曜日は晴れ時々曇り。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410/13308.html


連休中、鷹ノ巣山頂から富士山がきれいに見える確立は月曜日が最も高いというわけだ。
よしんば、眺望に恵まれなかったとしても、先々週の
30cmの積雪と先週の積雪、それに土曜の雪。白銀の鷹ノ巣山が楽しめることは間違いがない。

ワクワク~

キツキツスケジュールの仕事よりなにより、問題は翌日・火曜日の健康診断。

8時半集合だから6時半ごろ出ないといけないし。胃カメラじゃなくてバリウムなんだー。
バリウムもだけど、あの胃をふくらます発泡剤がねー。ウプッとなっちゃうんだよね~

ヤダな~

などなど…
玉石混交な空気がワタシの上を流れております。



「勝手にアウトドア」に

屋久島その6

http://www.asobist.com/outdoor/2008/yakushima0801/06.php

UPなっとります。

28

船戸与一『砂のクロニクル 上巻』【新潮文庫】

帰りの電車中、読了。

今夜はベッドにコミック「岳」の6巻を持って入ります。

Happy good night

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/07

吹き上手!

ホラ吹きか否かと問われれば、間違いなく即座に「はい」なんだ。これが。

結構「吹き上手」とも認識している。

これすらホラ?!

言うな~!!!

上手に吹くことは罪だとは思っていない。

「吹き上手」はまた、「吹かせ上手」でもあらねばならいとは思うところ。

「吹く」は精一杯自己表現すること、「吹かせる」はとくと相手を理解せんとする傾きと考えている。

しかしながら…

相当なオッチョコチョイでもあったりして、60パーキャパでも「100でっせ」と言ってしまって、後から残りの40パーをフロシキに詰めるのに四苦八苦、往生したりもする。

40パーを補填し損なえば永久に「口ばっか」位置にすえられるような憂き目に会う、ってな危ない橋を渡ったりすることもしばしば。

かといって、95パー以上キャパを自己確認できないとアウトプットしない手の人を見ると惜しいなと思ってしまったりする。


けれど、その手の人が「できる」と言えば、確実に「できる」んである。そしてソイツが獲得した「信用」は確固としてゆるぎないものなのだ。

問題なのは95パーキャパ認識はそうたやすく得られるものではなく、従って結果「アウトプットできないヤツ」あるいは「チキン」という評価で定着しがちだということ。

大胆不敵でかつ「無責任」「いい加減」を免れ「ヤル時ゃヤルね」感をかもし出す、ころあいのいい「吹き上手」であるためにはせめて7080キャパ領域を広げなければならないだろう。


イザの時にバリバリやってのけるパワーを蓄えておかねばならないし、補填手法の熟知とたゆまぬトレーニングもまた必要なのだとは思う。

目指せ!吹き上手!!!




「まりりんの日々修行」更新されています。

27

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080207

んなことないよ、ってばさ!


「勝手にアウトドア」に

雪上訓練@赤岳鉱泉その2.

http://www.asobist.com/outdoor/2008/yatsugatake0801/02.php

UPしとります~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/06

オサムございます

3度目ですか。よく雪が降りますね~

クロスケボッチにゃんこのキキも、やかましく「外いく~」とせがんだわりに、すぐ戻ってくる。

ニャースカいってるのを聞いても手が離せず、入れてやるまでにちょっと時間がかかったりすると、ガラス戸を開けたとたん、突っ込んでくるように飛び込んで入ってくる。

いかにも「さむさむさむ~」って大慌て。

今日あたり、雪が降っても「ヤダナ」感が薄い自分がおかしい。

つい先だって降った雪は東京の山地では30cmほども積もったというし、それがすっかり消えないうちの今日の雪。

ということは奥多摩の山々も限りなく雪山っぽくなってる!っつうことよね~

ああ、ウズウズ~

雪山シーズン中のいわゆる「雪山」はそれ好きの登山者の入山が結構あるが、雪の奥多摩の山に入る登山者は恐らく少なかろう。トレースのない道なんて、ステキだろうな~

など妄想がふくらむな~

ところで

Ituneでダウンロードして楽しんでいたはいいが、どうしても「歌詞」が見たいと思うとさて困ってしまっていた。

CDをダブリ買いもしたくないし~など。

あれこれ検索してたら、めっけたーッ!

って、思わず大騒ぎしたら、周りはもう知ってたわ。

な~んだッ!

まだまだ初心者域だな~

SOS/Rihanna

http://tube365.net/lang-ja/init_char-18/artist_id-5946/track_id-266132/video_id-qCByb_7TspI/video_title-SOS



「まりりんの日々修行」更新されています。

24

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080204

25

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080205



「勝手にアウトドア」に

屋久島その5.

http://www.asobist.com/outdoor/2008/yakushima0801/05.php

雪上訓練@赤岳鉱泉

http://www.asobist.com/outdoor/2008/yatsugatake0801/01.php

UPしとります~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/03

カタルシス!

今冬2度目の横浜の雪。

「温暖化はどこいったの?」なたいそうな降りよう。

終日降雪は続き、降り止むのは夜半過ぎってアナウンスがあるにもかかわらず、外ではもうご近所が玄関周りの雪かきをするシャベルの音がしている。

けどアタシはしない。

はんぱにすると、返って凍結するし、内の玄関は北向きなので、へんに雪を山に盛り上げたりすると、いつまでも消えない。

泥やホコリをかぶったシケたキチャナイ雪塊は見たくもない。

って、ただ表に出るのがメンドッチーだけなんだけどね。

21617日の雪山講習・天狗岳登頂はワクワクなのに、横浜の雪はありがたくない。洗濯物は外に出せないし。足元の悪い中、スーパーに行くのもヤダ。

昨日のうちに出かける用を済ませておいて、ほんとによかった。

土曜日はなんだか朝から疲労感が濃くて、なにをするのもカッタルイ。ほっといたら1日ズルズルしてそうな気配を払拭すべく、ともかくも相手先に電話し、3時に約束をとりつけ「ああダル、もうヤダ」重い身体でようやっと出かけたわけで、まあ、用事は首尾よくいったものの、疲れきってしまった。


久しぶりに寝床に本を持って入り、
23ページも読むか読まないうちにドロロ~

今朝、起きたら、なんだかシーンとした気配。外を見たら真っ白だった。

雪の日の独特な空気感。

静寂と清浄。まるで世界のカタルシス。

んでもってアタシはズルズルと疲労からのカタルシス!



「まりりんの日々修行」更新されています。

21

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-02.html#20080201

ふぬー、なー…



「勝手にアウトドア」に

屋久島その3

http://www.asobist.com/outdoor/2008/yakushima0801/03.php

UPしとります~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/02/01

カラメン大根

08012701

命名はアタクシ。

味の決め手が辛子明太子だから。

やってみて、旨いから。ご飯にもツマミにもいいんだから。

材料は大根、白菜の白いとこ、ピーマンと辛子明太子。

各々の野菜を粗めのタンザクに刻んで、ごま油でサッと炒め、メンタイをほぐし混ぜ、コンソメ顆粒で味を調整する。

冷蔵庫を開けてから食べ始めるまで、ものの10分程度。ってなナンチャッテ・レシピさ。

127日にヤマモリ作って撮って、ヤマモリ食べて、それでも余ったのが今も冷蔵庫で眠っている。


なんだかチャンスを失い時間が経ってしまった。

残念至極!

旨いのに~!!!

こうなると、密閉容器のフタを開けるのすら億劫。

だってハンパなんだもん。

まだ腐ってはいないだろうが、味が落ちてしまっているのは否めない。

ま、しっかり「逝く?」「行く?」ところまで眠っていていただこう。もったいないの「も」の字も思わず、安心して捨てられるようになるまで。

しっかり「主婦・おかん」やってた時のクセはオサン生活に慣れた今も抜けきれず、ついつい作りすぎちゃう。

ヤンなっちゃうぜ!



「まりりんの日々修行」更新されてます。

130

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-01.html#20080130


「勝手にアウトドア」に

鍋割山登山

http://www.asobist.com/outdoor/2008/nabewariyama0801/01.php

UPしとります~

131

桐野夏生『玉欄』【文春文庫】

帰りの電車が最寄の駅に電車が滑り込んで、もう少しでドアが閉まるってギリギリで最後の1行を読み終えた。


アブナネ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »