« 事故だってばさッ! | トップページ | ブルーマンデー »

2008/01/28

花、散りぬるを…

127

鍋割山登山の翌夕、今年初のロック・ライブ参戦にでかけた。

出演の複数バンドのトリ、主催者バンドのステージは「ここまで人が入るか?」ぐらい、ハコは人で溢れていた。

なんでも、ドラムとギターが抜けるにあたり、バンドは一旦解散する。つまりラストライブだったのだ。

ステージも会場もただならぬ盛り上がりようで、他のバンドがお目当ての参戦者も思わずのせる勢い。アタシも数回観てきたバンドなので、そのラストシーンを「この眼でしかと見よう」とフロアの前列から2列目ぐらいのあたりに陣取った。

ラスト3曲の声がかかったあたりから参戦者の様子が変わる。周りをチラ見すると、濡れ入ってる?!

参戦者は一様にノリつつも顔がグシャグシャになるほど泣いているのだ。

バンド結成から6年になるという。バンドも紆余曲折を経た6年だったろうが、オッカケにとっても、それぞれの人生の浮き沈みを変遷した6年だった。共有した年月への思いが会場を熱くしているのだ。

バンドは再編成を目論んでいるというが、それはまた別の話なのであって、同じ延長線にあろうはずはない。オッカケとて、再編成後も「ついていくのか否か」あるいは「どうついていくか」、ある種「自己再編成」を決断する「場面」なのだ。

どんな花も咲けば必ず散る。来春も咲くかもしれないが、今年の花は今年の花。次の春は同じ思いで見ることはない。

インディーズとくくられる集団はそうして世代の変遷を生成していくのかもしれない。

演出のままに、あおられるに任せてボロボロ泣きながらダンスしているのを見ていたら、なんだか、愛しくて切なくなって、思わず周りのオンナノコやオトコノコに声をかけてしまった。

「バンドが次のステージ目指して準備するんだから、アタシたちも備えて再編成だね」

「ですよね、ですよね」

オトコノコはさらに泣いちゃった。

ってなことで、ろくに晩メシも入れずビール、ガブガブ5、6杯いっちゃったもんで、すっかりベロベロ。

なんだかいい気持ちな酩酊ご帰還電車の日曜日。



ちなみにアタシは↓をオッカケてます。

http://jp.youtube.com/watch?v=Nz-kEM2M6FQ




「まりりんの日々修行」更新されてます。

126

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2008-01.html#20080126

|

« 事故だってばさッ! | トップページ | ブルーマンデー »

コメント

あの obachan ておばちゃんのことだよね。

編集長,やったね。^^

毛が生えたって。わっはっはっはっは!

投稿: まったん | 2008/01/28 21:19

まったん様

さいでんな~

うらやましい?でしょ。ケケケ

投稿: 本屋のおばちゃん | 2008/01/29 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/17871635

この記事へのトラックバック一覧です: 花、散りぬるを…:

« 事故だってばさッ! | トップページ | ブルーマンデー »