« 稲佐の浜 | トップページ | こっち向いてブヒッ!!! »

2007/11/21

哀しきゴミ山

いやー、バテた、バテた。

何がって「トラは死んで皮残す」が人は一体何を残すか?

って設問の答えを見い出すに至るプロセスに、だ。

11月の14日から17日までの田舎に行ってた、たった3日間なんだが、15日の午後から半日と稲佐の浜詣での数時間を除いて、休む間もなくかかずりあってたのが「かたづけ」。

義父母の家は既にもう数度「かたづけ」作業をし、6tトラック2台分ほどのゴミを片づけたんだが、その続きと合わせてこの度は義叔母の家の片づけにかかった。

ボケる、ボケないにかかわらず年をとるとそうもなるかと考え込んだね。

パジャマじゃないのシーツじゃない、下着じゃないタオルじゃないが山のように、あっちからこっちから出てくるわ、出てくるわ!

引き出物とか景品のもらいものか購入かはいざ知らず、器やプラ雑貨も陶器市・雑貨市でもできんじゃないか、ほど。

買って、あるいはもらって、「もったいない」からととっておいて、しまい込んで、しまったのを忘れてまた買ったりするんだろうな。

そんなら義父母や義叔母が常に新しい下着や衣類をつけたりしてたかというと、いつもエリのすれた下着やあっちがスケて見えるネマキだったり、仇のように同じ上着を着ていたりという記憶しかない。

まったくな~、何のために買いためたんだかな~なんである。

その上、もっと可哀想なことには、新品のそれらは残念ながらしまいこまれ過ぎて、ご近所の方々に使っていただくわけにもいかなくなっていて、ゴミとしてしか存在できなくなっている。

衣類、シーツ、タオルはパッケージに収まったままシミが出たり、折り線が黄ばんでいたり、器の類でさえ、わずかに落ちたホコリにカビきてたり、なのだ。

といって、中身は一応、確かめざるを得ず、その作業だけでも肩・首がゴリゴリですわ。

世間で取沙汰される「ゴミ屋敷」のゴミのほうがよっぽどわかりやすい。一見キチンと暮らしている、その奥に潜んだ「結果ゴミ」。なんだか哀しくなってきてしまったよ。

せっかくだから「以って他山の石」とするなら、気に入って買ったら、即使う。新しいのをおろしたら、その手で古いのは捨てる。衣類でも、器でもなんでもその鉄則を守る、これしかなかろう。

さて我が家は?と振り返るに、器の類は一定の量、今ある食器棚に収まる量以上に増やさないようにしている。それでも「上等なんだから」と棚の上の方に鎮座ましまして、普段はボロクタを使ってたりする。まずはそれをやめようと思う。

キンキラの伊万里に漬物を盛って使ったろうじゃん!

有田の揃いもおろしちゃえ!

その分の100円食器の類は処分、処分!!

バスタオル、タオルのもらいものもどんどんおろしちゃいましょ。あっちがスケて見えるようなの、ステ、ステ!

そして衣類。山登りの成果でサイズダウンしたので、相当にたまっているユルユルのスーツや何か。また「太るかもしれない」など考えないことにする。

こちらは、まとめてくれるご仁を知り得たのを幸いに、公的バザーに全部出すことにした。リサイクルショップに、など考えるからメンドッチクなって、後回しになった挙句、トッ散らかってしまうのだ。

明日、アタシがいなくなっても、今アタシが使ってるものだけ取捨選択して処分すればよい。そういう状況にしておこう、と決意した。

そうなると、早急に以上のことをせねばならない。

さて、どこから????

ありゃ!!!…

「まりりんの日々修行」更新されてます。

1119

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-11.html#20071119

1120

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-11.html#20071120

「勝手に読書録」に

桐野夏生『ダーク』【講談社文庫】

http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=143

UPしとります。

|

« 稲佐の浜 | トップページ | こっち向いてブヒッ!!! »

コメント

 ご苦労様です。お疲れ様。
 本当に、いまや飽食の時代が日常生活品にも、捨てるに捨てられず、溜まる一方。戦前派の方は、物を大事にされるので、殊更溜め込む傾向が・・・。と言う私も、捨てられない御仁ですかな?(*_*)/~ 誰かが「捨て魔」「片付け魔」でなければ、豪い事に。ワッハッハッハッハッハ~!m(_ _)m

投稿: ミノカサゴット。 | 2007/11/22 07:24

偉い!!! 人間こういうことは大事な気がするよ。わたしも周りをどう片づけるかがけっこうライフワークだったりして。

まりりんさん,同窓会に出席すればよかったね。実家の猫の描写がすばらしいね。

投稿: まったん | 2007/11/22 15:59

Dr.MINO

「もったいない」の心がほんとに生きる暮らし。案外難しそうです。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/11/23 16:49

まったん様

すっきり暮らさないと、後で迷惑なことになる。とは思ってもね…

まあ、その時は「知らんがな~」ってことにしてっと。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/11/23 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/17146284

この記事へのトラックバック一覧です: 哀しきゴミ山:

« 稲佐の浜 | トップページ | こっち向いてブヒッ!!! »