« 再びの韓国 | トップページ | pref.島根 »

2007/09/07

釜山こぼれ話

なんてくない小さな食べもの屋さんで食べたアルパップ(魚卵の石焼ビビンバ)。そこそこ旨かった。

070912102

1日の行程をすませ宿に入ってバタンキュ。翌朝7時前には起きて、シャワーしたり荷物の整理をしても出発10:50まで時間はタップリ。ベッドの上でストレッチをしていた。

ふと見ると入り口に若い男性。目が合った!誰?!
What’re you?!
ゴチャゴチャ言ってるけど、チンプンカンプン。
Can’t understand Korean at all!

Massage , massage!
手をモミモミしながら部屋へ入ってこようとする。
頭、混乱!!!
マッサージ師?にしては黒のパンツにチョイ縮みの入ったボディコンのブラウス・シャツでヘヤスタイルはシャギー。だいちマッサージなんて頼んでないし。

なおも、部屋へ入ろうとする男性を軽くやんわり押し戻しながら
I did’nt call massage!
えっ?もしかしたら違うマッサージ?!それも頼んでないぞっ?だし、朝に来るかー!!!

ひょっとすると押し込み?!
怖いよ~!!!!!

隣の部屋のガイド・チュイさんに慌てて携帯。チュイさんが来てくれるまでの時間の経つのが長かったこと!!!

「部屋を間違えた」と弁解したらしいが…
ほんとのところはわからない。

言葉が通じないっての、怖いよね~

「勝手に読書録」に
桐野夏生『残虐記』【新潮文庫】
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=135

「勝手にアオウトドア」に
雲をつかまえに~ リベンジ・雲取山縦走・2泊3日 その3.

http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/03.php

UPしました~
のぞいてみてくださいませ~

|

« 再びの韓国 | トップページ | pref.島根 »

コメント

なんか危ない男が来たんだねえ。気をつけてね。

残虐記…苦手。

雲とり…ピンクの富士がすばらしい。よかったね。

投稿: まったん | 2007/09/07 21:36

すみません!
その時は起きたばかりで早く行かなかったんです。
扉が自働ではなかった事を知らせなかったのもすみませんでした
僕がもっと主意したら良かったのに;
ジンジュにも細心な所が足りなかったんです
本当にいろいろすみませんでした!


投稿: chewie | 2007/09/07 22:34

まったん様

ま、済んでみれば
「いろんなことがあったね」ってなもんですけどね。

残虐記、おすすめですよ。

人間の多面性というか虚虚実実が驚くべき精緻で書かれています。

雲取、また行きたい。

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/09/08 00:12

chewie 様

いらっしゃいませ~(^^)

ぜんぜん。
チュイさんが責任を感じることなんて
な~んにもありませんよ~

ほんとに、お世話になりました~

今度は日本に来てね~

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/09/08 00:14

ピンクの富士山が雲取山から見えるなんて!!
いいなぁ~滅多に見られない光景よ。
行くだけの価値ありですね^^

 海外は、何が起こるかわからないから
怖いよねぇ~

投稿: eiko | 2007/09/08 21:28

eiko様

もっと早く起きてたら
モルゲンロートが見られたかも。
早起きは、やっぱり三文の得なんでしょか。

言葉の壁は大きいですね~

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/09/10 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/16369938

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山こぼれ話:

« 再びの韓国 | トップページ | pref.島根 »