« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/28

もう1週間?!

あああ、もう1週間経っちゃった。

24日・月曜日
八ヶ岳下山。23日、途中から雨に降られた登山。

翌朝も雨。縦走は断念。
どうやらでがけには降り止んだものの、あたり一面ミルク色の中の権現岳登頂。

天気には恵まれなかったけれど、垣間見た景色にはやっぱり感動。

来年のシーズンにはまた登りたいな。

25日・火曜日
ちょうど大阪から帰ってきていた3男とまりりんのところへ。どういうわけか3男とまりりんの息子は、いわば3男がまりりんの息子を「先輩」とも「師」とも仰ぐ間柄。

まりりんは抗がん剤の点滴中。

「もう楽しいんですよ」「身の上相談してもらったり、漫才だったり」
どうやらまりりんは同じ病室の他の3人の人気者らしい。

「いつも元気、もらってます」

という女性はと見るとベリーベリー・ショートヘア。ついこの間までキャップかぶってたのかな、の感じ。まりりんてば「立場」逆転しちゃってる!!

だし、がん病棟とは思えない、皆さん明るい!

にもかかわらず、少々挙動不審気味になったアタシ。
だって…


「晴れ女返上だよ」と山の話をしたら

「アタシの雨女がアンタに乗り移ったんだよ。もうコイツ、もうじき死んじゃうから、今度はこっちのヤツにしよう、っとかってさ~」

そーゆーこと、言うな~!!!





仕事の帰り、歩いていたら居酒屋のお兄さんが
「たまには顔だしてくださいよ~」

もう!真っ直ぐ帰ろうと思ってたのに~!!ついふらっと寄っちゃった。
こーゆーバヤイ、独り酒はダメ、とみた。飲みながらなんだかだんだんへこんでくる。なんか酔いと一緒に染みこんでくるおかしな感情。
「まりりんにゃ、やっぱり病室は似合わねーなー、ふー」など…。

オスミさんにケイタイメールしたら
「本人がしゃきっとしてるんだから、周りがへこんでどうする」

だよね~

26日・水曜日
まりりんからのメール。入院するからというんでケイタイメール始めたばっかりだったはずなのに、絵文字だらけの元気な文面。

「アンタに励まされてるアタシは、相当だらしね~な~」

27日・木曜日
まりりんからケイタイメール。着信は早朝の6時。

件名:おはよ~
「昨日から膀胱炎ぽいです。それから便秘3日目です。でも、吐き気はありません。昨日肺がん患者は痩せないという、衝撃の事実を知りました。がっかりです」

これに絵文字がどっさりなんだから、どんなか想像がつこうというもの。思わず吹き出してしまった。

夕方、オスミさんから電話。

「顔、見てきたよ。ピンピンしてたぜ~」

なんでもまりりんは

「そんなに絵文字いっぱいのメール打てるぐらいなら、今日もダイジョーブでしょう。仕事に行ってきます」

という息子からのメールを着信したんだそうな。



まりりんの顔を見に行った帰りに
3男とすし屋に寄った。

「どこでも旨いから帰りに食べてみな」
まりりんが言うだけのことはある。そこらへん適当に入ったすし屋だったけど、さすが築地のすし屋!

にしても、特選にぎり1人前。追加数カン。その上にウニ丼。3男の食いっぷりったら。
細い身体でどこにそんなに入るねん!!!

さて勘定の段になったら、3男がさっさとレジへ。

「アンタ、何してんねん?」
「あ、おれ、払っとくわ」
「え?!」
「まあ、タマには、いんじゃね」

電車ん中で3男がしみじみ言った。
「なかなか、あーふーには、いられないと思うよ。レスペクトだよ。おれも、ああでありたいね」

28日・金曜日

火曜、水曜と歩くたびに「イデデ」だった太腿の筋痛は下山3日目の木曜には消失。結構な回復力。それに今回はフクラハギには来なかった。
ツオなったな~アタシのアシ!!

が…
肩と背中がまだバリバリ。首筋ゴリゴリでヒドイ頭痛。

「頭の中、おかしいんじゃないでしょか?」「それともサンハンキカン?」「また耳ヘルペス?」
と言ったら整体の先生が

「ストレッチして、早寝早起きですね」
どうやら、上半身を鍛えるしか手がないみたい。

ってなことで…
長々と失礼、仕り候。

「勝手にアウトドア」に
雲取山縦走 その8
http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/08.php

UPで~す

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/09/22

ビビリンボ

一昨日も昨日もまりりんからは音沙汰がなかった。

毎夕、「治療、キツイんだろうね。ガンバレ!」メールを送った。

したら…

今朝まりりんからのメールを着信していた。

「なにぼけかましてるの。治療は火曜日っていってるじゃん。連休は築地でお寿司よ!」

な・な・なぬッ!

聞いとらん、っちゅうねん!!

おスミさんに携帯した。

「今日にでも明日にでも始めますか?」と医者に訊かれたまりりんは、思わず「いやや、連休明けでお願いします」と答えたんだらしい。

差し詰め、あっちこっちにメールしたものの、アタシんところへは送った気になって、実は送りもらしたってところだろう。


ったく「らしい」や。

あああ、心配して損した。

カラカラとは裏腹に案外ビビリンボなんだよな。まりりんは。

恐ろしく「痛がりい」の「怖がりい」の究極のビビッチョのアタシとしては、実に「ビビリンボ」っぷりは想像に難くはない。

「そら、びびるやろな~」

おスミさんとも意見は一致した。

ダメもとで、まりりんに携帯したら、出たんだよ、これが。

「今どこ?」

「レストラン」


だってさ。


うちのスッタッフの母君がまりりんの友人で、その
2人が見舞いに訪れており、一緒にお茶してる、ってところらしかった。

まあ、元気でよかった。

決戦は火曜日。

ガンバレよ。まりりん。

「まりりんの日々修行 8月」

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-08.html

「まりりんの日々修行 9月」

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-09.html


ところで、アタクシ、明日から山です。八ヶ岳。

1泊になるか、23日で縦走になるかは、ちょっと状況如何だが、そのつもりで荷造りをする。

縦走したら、まりりんの決戦の日に下山の運びということ。

一足、一足「山の神さん」に願かけながら歩いてくるからね~

あ、「都合のいいコジツケやろ」って?


言うな~




「勝手にアウトドア」に

雲取山縦走 その7

http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/07.php

「特集」に

07’KDF ROCK FEST

http://www.asobist.com/tokuha/special/matsuri/070921.php

UPしてますよ~

読んでみてくさいませね~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/09/20

入院壮行会

歩いていると汗だくになる。相変わらず暑い。

空の色、立ち止まった時に身体に当たる風の感触。日々秋色、濃くなるというのに。文字通り「取り残された暑さ・残暑」の感。

「治療が始まらなくて、退屈してんでしょ。まあ、『休暇』だと思ってゆっくりしとれ~」

は昨夕・919日まりりんからの「埠頭が見えるきれいな病室でウンヌンカンヌン…」メールへのアタシのレス。

まりりんは918日に抗がん剤治療のために築地の国立がんセンターへ入院した。短期入院のくり返しになるという。

917

明日から入院するというまりりんと「当分飲めなくなるから」を理由に居酒屋で飲んだ。共通の友人おスミさんと3人で。

病気の話やら、病気じゃない話やらゴッタでなんやかや話しこんで、結局アタシは終電はおろか終バスにも乗り遅れて、タクシーで帰宅した。

いろんな壮行会はあるんだろうが「入院壮行会」で飲んだくれるってのアリか~?!まりりんも不良友だちを持ったもんだよ、ったくね。

17日付けのまりりんのblog

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-09.html#20070917

にもあるが、飲みの席でもまりりんの一人娘だったまいちゃんに話題が及んだ。

脳内にも転移巣があるとわかってまりりんが言った。

「まいちゃんと同じ病気になって、同じ道を通ることになってよかった」「医学は確実に進歩してるよ。まいちゃんは開頭したんだからね」「あの時ガンマーナイフができれば、あんなに苦しまずにすんだのにな」

まりりんは最愛の娘・まいちゃんをわずか8歳で亡くしている。

今までも、飲んだりしている時などにまいちゃんの話題になったりすると、まりりんはつい昨日のことのように話しをする。

若いこの歳を聞いたりすると「まいちゃんが生きてればおんなじ歳だ」と言ったりする。

まりりんのカラカラっぷりは娘との闘病生活とその終末からきてるんだろう。

実にそう思う。

飲み会の別れ際「また飲もうね」と言い合った。

ふんとに、どんだけ~!!!だいね。

今日は抗がん剤治療が始まってるんだろうか?

「まりりんの日々修行 8月」
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-08.html

「まりりんの日々修行 
9月」
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-09.html




「勝手に読書録」に
奥田 秀朗『サウスバウンド』【角川文庫】
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=136

「勝手にアウトドア」に

雲取山縦走 その6
http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/06.php


UP
しました。
よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

オサン生活・卒業?!

915

久しぶりに連休だというのに家にいる。書きまくり連休にしようという計画の第1日目。

洗濯したり、居眠りしたりもするにはしたが、まあそこそこ頑張れた。

夜の12時近くに次男が来た。コーヒー飲みながら話し出したら止まらなくなって、朝の4時まで話し込んでしまった。

すっかり覚醒してしまったのでそれからまた9時近くまでパソコンに向かい、ようやくウダウダになってのでベッドに倒れこんだ。

916

11時に目が覚めた。長男のヨメさんがタケぽんを連れてきた。「敬老の日」のプレゼントだとさ。嬉しいような、むっとするような…

敬ってなどもらわなくてもいいですけど、など、悪あがきってんでしょうかね。

スーパーに買い物に出かけ、お昼したら眠くなった。寝たらなんだか余計にだるくなった。パソコンに向かうも能率は一向に上がらず、ウトウト・ウダウダし続けた。テレビを見ているつもりが、いつのまにか寝てたりする。

ようやく頭がシャッキリしたのが夜の11時過ぎ。早い話しが夜昼がひっくり返っただけの話だわね~

敬老の日にプレゼントもらう歳になって、こういう生活しちゃいかんよなー、やっぱり。

とは思うが、あえて冷房しないでパソコンに向かう。首筋、背中を汗が伝う。首にタオルをひっかけて原稿書き。時々こういう生活もしたいんだから、貧乏性もいいところ。

まあ、それで時々ひっくり返ったりもする。

ひっくり返ったりするのは、ひょっとして安全弁機能かな、など思ったりする。

先週の何曜日だったか。

朝起きたら、身体がだるい。ともかくもスッキリせねばとお風呂したら、風呂上りに目が回った。天井が3分の1回転して立っていられない。バスタオル巻いたまま横になった。しばらくして治まったかなと思って、立つとまた目が回る。

まあ、恐ろしく低血圧なところへ持ってきて、8月中旬から9月初旬まで休みのたんびに出かけっぱなし。疲労と季節の変わり目の自律神経失調が重なって血圧のコントローラーがぶっ飛んだんだろうとは予想がついたが、時間が経過しても状態が改善しないので医者に行った。血圧はやっと90だった。

「血圧を上げる薬はあんまりすすめられない。まあ、ゆっくりするんですなー」

と言われた。

数日後、念のためにした血液検査の結果を聞きにいった。1項を除いて全くの健康体。食いたいだけ食って、しっかり睡眠を的確な時間帯にとったので、その時点で自覚症状は消失していたが、血圧は98

「起立性障害とまでは言わないが、1歩手前かなー。まあ、長年その血圧で生きてきたんだから、規則的な生活を守れば問題ないでしょう」

くれぐれも喫煙は止めるよう、徹夜などは論外、と言い渡された。

ところでひっかかった1項の方が気になった。総コレステロール239

「中高年の場合、ほかに成人病などの兆候がない限り240ぐらいまでなら健康範囲でしょう」

とは医者は言うが、アタシは思い当たる節大いにアリで、グサッと来た。

長年「全く異常なし」で通ってきた健康診断だったところが、ある年どっとメタボ兆候が結果として出た。その時の総コレステロール値が235だったのだ。それで「こりゃイカン」計画遂行で登山の道に分け入った経緯だった。確かその甲斐あって200ちょっとぐらいに落ちていたはずだったがなー。

継続して山登りはしているのになんでじゃーッ!!!

思い当るといえば「アレ」しかない。かれこれ1年になるオサン生活。その食生活のツケが回ったかなー。

トホホ~

「勝手にアウトドア」に
雲取山縦走 その4.
http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/04.php

「特集ルポ」に

24時間テレビin KNAZAWA
http://www.asobist.com/tokuha/special/matsuri/070913.php

UPしとります~
よろしくです~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/09/13

友の病

「まーだ生きてたかー?」

「だよ。そー簡単には死ねねーよ」

最近のまりりんとの電話の第一声。誰が聞いたって使用語句が示すとおりの実情だとは考えまい。このような会話は従来も日常的にされてはきたのだが、実質が伴う話ではぜんぜんなかった。

8月の初旬

「血痰が出たよ」

事務所でイキナリのまりりんの発言。

「まーたー」

「いや、ほんと」

「だって、それ、大変なこってすぜ」

「だからガンだよ」

「何言ってんの。だったら医者、行きなよ」

「あ、そういうと思った。だから言いたくなかったんだよ」

「医者には行かない」だことの「はっきりしないことで騒いだってしゃーないじゃん」じゃないだことのスッタモンダの挙句「ふんじゃー、好きにすればいいじゃない」「発ガン祝いの宴会しなくちゃ」などという知らない人が聞いたら「なんちゅヤツラや」状態の会話だった。

それから1ヶ月余、まりりんの病は肺がんと確定した。しかも病状は進んでいる。

「書ける限り書く。だから、あんたもその『観察記』を書いてよ」

「わかった。そうする」

とはいったものの、書き出しのタイミングがなかなかつかめずに今日になった。こうして書き出したからには、しばしば、それについて書いていこうと思っている。

「日々楽観blog」をお読みいただいている皆様。

あそびすとサイトの姉妹blog「まりりんの日々修行」をまずはお読みくださいませ。


「ライターであるなら、これ以上のネタはないやね」

などカラカラして言っているまりりんの書き様を、その強情っぷりに驚嘆していただけるものと、20数年来の友・同志として思うわけであります。


「まりりんの日々修行 
8月」

http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-08.html

「まりりんの日々修行 9月」
http://blog.livedoor.jp/asobist/archives/2007-09.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/09/10

しじみラーメン

Image007 出雲空港のレストランで見つけた。

出雲空港は宍道湖のほとりにある。離着陸時宍道湖上で1度旋回する。昼間天気がよければ、すぐ眼下に湖が迫って見える。

宍道湖は海にごく近く、汐が満ちると海水が入り込む汽水湖でもあるといころから、良質の赤貝やしじみが獲れる。

メニューの意図はよくわかる。だからすごく期待した。

ピリ辛味噌味。コチジャンとニンニクでアクセントにしたんだろうが、やっぱり和風の方がいいんじゃないか?

まずくは無いんだが、期待したぶん「?」になった。

ま、話の種ってことで…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/09

pref.島根

斐伊川。美しい川だ。

天井川で知られるこの川の砂州は日毎に姿を変える。流れが砂を運び去り、また新たに砂を運んでくる。

070909


この川の最も美しいベストな季節とポイントと時刻があるらしい。

来月は10月。旧暦の神無月。島根県だけは神在月。全国から神々が出雲大社に集合するのだとか。

さて斐伊川はどんな装いで神々を迎えようとしているのか…

98日、9日、3男と島根県に行った。義叔母の病気見舞い。

珍しく飛行機酔いした。

なんだか疲れた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/09/07

釜山こぼれ話

なんてくない小さな食べもの屋さんで食べたアルパップ(魚卵の石焼ビビンバ)。そこそこ旨かった。

070912102

1日の行程をすませ宿に入ってバタンキュ。翌朝7時前には起きて、シャワーしたり荷物の整理をしても出発10:50まで時間はタップリ。ベッドの上でストレッチをしていた。

ふと見ると入り口に若い男性。目が合った!誰?!
What’re you?!
ゴチャゴチャ言ってるけど、チンプンカンプン。
Can’t understand Korean at all!

Massage , massage!
手をモミモミしながら部屋へ入ってこようとする。
頭、混乱!!!
マッサージ師?にしては黒のパンツにチョイ縮みの入ったボディコンのブラウス・シャツでヘヤスタイルはシャギー。だいちマッサージなんて頼んでないし。

なおも、部屋へ入ろうとする男性を軽くやんわり押し戻しながら
I did’nt call massage!
えっ?もしかしたら違うマッサージ?!それも頼んでないぞっ?だし、朝に来るかー!!!

ひょっとすると押し込み?!
怖いよ~!!!!!

隣の部屋のガイド・チュイさんに慌てて携帯。チュイさんが来てくれるまでの時間の経つのが長かったこと!!!

「部屋を間違えた」と弁解したらしいが…
ほんとのところはわからない。

言葉が通じないっての、怖いよね~

「勝手に読書録」に
桐野夏生『残虐記』【新潮文庫】
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=135

「勝手にアオウトドア」に
雲をつかまえに~ リベンジ・雲取山縦走・2泊3日 その3.

http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/03.php

UPしました~
のぞいてみてくださいませ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/09/03

再びの韓国

91日から23日でプサン・釜山とチンジュウ・普州へ。07090201   

サムゲタンなる鍋ものを食した。

07090202

訪韓は2度目だが、とにかく食べものという食べもの、全てカライから、いい加減慣れて、だんだん平気になってしまった。この鍋も以前だったらダメな部類だったろうが、「旨い」と思えたから不思議。

それでも2度と手は出すまいと思うシロモノ。シシトウよりやや大きめの緑色をしたトウガラシ。

これは、いけません!

日本語で辛い、英語だとhot 、どちらも役不足。最もぴったりくるのが「痛い」。しかも、舌がよれそうな痛さが持続する。

3日は仕事に出るつもりで早い便をリザーブしておいた。1040分のフライト。

前夜から早朝にかけて飲んだりして、寝たのはかれこれ深夜の3時。それでも4時半には携帯アラームでパシッと目を覚まし。550分出発。普州から釜山までの高速バス中は当然、爆睡。

の続きで、なんやかや済ませ、搭乗口付近で座ってたら、居眠りしてしまった。ふと目が覚めたら1030分。慌てたの何の。

ってか、搭乗口に進んだら「急いでください」と言われた。

席について、シートベルト締めたら即フライト。

アブナイ、アブナイ。

もうちょっとで「また、やっちゃったんですか~」といわれるところだった。

なんかやらかす、オッチョコチョイ。

まあ、言えばオッチョコチョイだから、後先考えずにヒョイと出かけたりしちゃうんだけどね。

「勝手にアウトドア」に

「雲をつかまえに~!!!リベンジ・雲取山縦走・23日」その2.

http://www.asobist.com/outdoor/2007/kumotoriyama0708/02.php

UPしてます~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »