« 朝焼け | トップページ | 追い風? »

2007/06/27

我は愛なり!

26日の朝、母から電話が入った。父に針治療を受けさせる、という。
やっぱりな。なんかやらかすだろうとは思っていたが、そうきたか。

父のいるホームへ鍼灸師を出張させるのだとか。
「座ってても、寝てても、なんだか辛そうだから、ウンヌン・カンヌン…」ゴタゴタと説明を一通り聞いて「わかったよ」と。

効き目があるとかどうとか、そんな客観はどうでもいい。父が既にある種、不可逆的なところへ行ってしまっていることを今さら母に説明するのも、もういい。

母はグリーフワークを始めたのだ。何かをした。ちゃんとした。心を尽くした。そう納得したいのだ。遺される者にとって必要ならば、そうするがいい。それに必要な手続きや経済向きのあれこれは、きちんとワタシが請け負おう。
誰かのために悩み、苦しみ、哀しみなどいうが、所詮その悩みも苦も哀も実は相手のものではなく、それを抱く心の持ち主のもの。など言っても詮ないことは言うまい。

願わくば、汲めども尽きぬ温かきもので自らの器を満たしていたい。

信心を持たぬものはせめて心中でつぶやくのみ。

「我は愛なり!」

とかね~
言った口の渇かぬ先にゴミ箱けっ飛ばしたくなるようなことが山盛り待ち受けているとは、今から覚悟しているさ。そりゃあ。


【勝手に読書録】に
南木佳士『ふいに吹く風』文春文庫

http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=130
UPしました。

|

« 朝焼け | トップページ | 追い風? »

コメント

「ふいに吹く風」読みました。実にすばらしい読書録
と思います。これは是非読んでみたい!

わたしは愛ではありません。^^

投稿: まったん | 2007/06/27 11:58

まったん様

大変なお褒めをいただき恐縮至極(^^;ボシボシ・テレテレ

いいえ、まったん様には
「愛」を感じますよ~(^^)~

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/06/27 13:19

>母はグリーワークを始めたのだ。何かをした。ちゃんとした。心を尽くした。そう納得したいのだ。

私の母も同じでした。それでも、今になっても
「あの時、こうしてあげてたら・・・」なんて言ってます。
親子とは違う深い絆が夫婦にはあるんでしょうね。

投稿: よっし~ | 2007/06/27 14:52

よっし~様

聴く周りはそうとうな消化力と寛容が求められますね。

大変、大変!!!

投稿: 本屋のおばちゃん | 2007/06/27 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171872/15571387

この記事へのトラックバック一覧です: 我は愛なり!:

« 朝焼け | トップページ | 追い風? »