« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

カッコマン?!

あら不思議!
一日前は歩くのもやんなるぐらいの太腿の筋痛だったのが、一晩寝たらほとんど解消。気をよくしてストレッチわんさかやったら全解消。
と喜んだら、今度は腰が痛くなってきた。それも右側だけ、蝶骨の上端がジクジク痛い。
「あああ、例のヤツだよ、また」と当然思う。
言っても、椎間板ヘルニアを抱えた腰なのだよ。山登りするようになって右膝痛が出なくなると期を同じくして腰痛も忘れてたのにね~
カッ飛び下山なんかしちゃったからね~
自業自得だよね~
たまらず整体にでかけた。

ところが先生いわく
「言うほど腰は悪くなってないですよ」
腰より背中、肩、首に問題アリ、と先生。肩甲骨の周辺が恐ろしくゴリゴリのガチガチでバリバリなんだそうな。
で、ハタと思い当たった。今回しょってったリュックザック、登山用じゃないのね。前回の時に壊れたのでただ今修理中で、いつも仕事に行く時にしょってたのを間に合わせで持ってったのだったんだわ。

アタシ、こう見えてエエカッコウシイのカッコマンなんよ。だからカッコつけ観点だけで、ちゃんとした山用リュックを使ってたんだけれども、実は山用のは、ちゃんとそれ用に合理的に人間工学的に作ってあったのだと、今さら気づいた。
道具って大事なのね~

で、さらに先生重大発言!
「右腰が痛いのは、右腰が悪いからなんじゃないんですよ」
椎間板が右下へ滑っていることによって、最も悪影響を受けるていのは左腰で、それをかばおうとして右腰に負荷がかかっているのだという。
なんて含蓄多きお言葉!!

悪いところ、弱い部位、ダメ箇所が痛むのではなく、カバーしようとする側が傷む。
ミナサ~ン!ゴゴゴ・ゴメンナサ~イ!!

イヤヤ、心底、スマン。イヤ、ホント…

腰の痛みは?治っちゃいました。
雨ん中、傘さしてスッタンスッタン歩いて帰ったぐらい。

どっちかが、どっちかをかばうんじゃなく、どっちも同じくにして、それでも大丈夫な形づくり。意識して、それを目指すところであります。

あれ?またカッコつけたのか~?アタシ

南木圭士『ダイアモンドダスト』文春文庫
5月29日
事務所へ向かう電車中、読了。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007/05/30

太腿パンパン!!!

そうとう、太腿が痛い。日曜日のカッ飛び下山の後遺症。そして全身倦怠。
昼間、タバコを切らしたので事務所の外へ買いに出た。渋谷の街角の小さな薬局でタバコを買って、ふとドリンク剤が目についた。
「筋肉痛に効くドリンクとかってある~?」

おばちゃんが2人顔を出してなんやかんや説明してくれて、「お湯で割るとよく効くから」と用意してくれ、ついでに「これと一緒にのむと効き目があがるよ」と錠剤もサービスしてくれた。そんでもって、事務所に帰ってタバコの袋を見たら、買ったのと違う銘柄用のサービスライターが入っていた。

きっとむかーしからやってる「薬屋さん」って感じなんだろうな~。下町人情っての?なんかいいよね~、こーゆーの。

でも、ドリンク効いたのかな~
1500円もしたのにな~

パンパンに張った太腿。
どんどん痛いんですけど…。

今日はもう寝る。
ご飯食べてから1時間経ってなくても。

牛になったる!!!

【勝手に読書録】
河合香織『セックスボランティア』
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=125
横山秀夫『動機』
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=126
UPしました。よろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/05/27

頭が三つ?

とにかく、三頭山、登ってきました~
登ってみてなんで三頭山ってかわかったがな~
テッペンが三つ又になってた。それぞれ西峰、東峰、中央峰。

故あって、下山はカッ飛んで降りたので、チョットきてます。
もう、風呂はいって寝るだ~よ~

山のルポもたまっちゃってるな~

がんばりまっさ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/24

ただ今洋上航海中

さて「潜水艦ドヨドヨ号」のその後。
自力で浮上の後、ただ今洋上航海中。

抱えきれない、とまあ思っていたね、そりゃ。考えても考えても、同じところをグルグル回っていて、答えになど到底、たどりつけそうにないとね。
様々な悩ましいことども。術なく眺めてた、ただ。そのうち「なんとかせにゃ」と焦りだす。気持ちばっか。

たとえば、仕方がないから、洗面器に水張って浮かべてみた。様々な色合いの感情のタマども。赤い思い、ブルーな気持ち、グレーな迷い、哀しみ、自責、困惑、嫉妬、怒り、閉塞感、無力感、失望、絶望…
なす術ないから、かといって何にもしないのも返って苦しくて、手で洗面器の水をひっかき回す。悩ましいタマどもが勢いよく回る。最初は。
だんだんに回転数が落ちていって、あたかも「回答」に収束するかに見えたりもするのだが、すっかり水の動きが止まってみれば、タマどもは何の変化もきたさず、ただ浮かんでいるだけ。それを何度もくり返す。何度やっても同じ。アタリマエ。
それでも、そのうちヤッキになって、しまいに必死な思いでくり返す。
と、洗面器の水上を回る悩ましいタマどもと同期で回っていた「胸のうち」のタマどもが、何かの拍子にぶつかって音を立てた。その音に何かが反応した。
答えなど見つかったわけでは決してない。悩ましいタマどもは依然として悩ましいままなんである。
ただ、悩ましいタマどもを見つめるアタシの視線が変わった。

潜水艦ドヨドヨ号は状況変化で浮上したのではなく、「浮上」したい欲求をエネルギー源にして浮かび上がったのだ。

ってな感じかな~
人はそれを恐らく「決意」と呼んだりするんだろうが、そう肩張った感じでもなく、眠れない夜を重ねた末に、下手な力みがとれて「素」が現れた、ってとこ。

言っても、浮上してみれば、ただただ青くまぶしい海原がひたすら茫洋と広がるばかり。島影のひとつも認められるわけでもなく、たんたんと航海を続けるのみ。
飲・食料の「残」の不安なきしもあらずでも、自らひいた航路行程図に従って。

それを信じると決意して…。

南木圭士『エチオピアからの手紙』【文春文庫】
5月22日
人待ちの池袋街角にて読了

またペンディング原稿リストに1行増えたよ~

さあて、バリバリ書くぞ~!!!


ところで三頭山登山ですが、山行予定の27日(日)は週間天気予報では「晴れ、時々曇り」。なんとまあ、山登り日和ではありませんか。皆様、ご一緒しましょうよ~!!!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/17

断末魔!

昨日、ようやくメガネが直ってきた。
なんです、なんです。メガネぶっ壊しちゃったんです。せんだって雲取山から下山途中、こともあろうにバッタンとこけて、レンズ割っちゃったんです。
生活基本メガネだったので、チョー不便だった。

ってかねー、直ってきてみていまさら「世の中クリア~」。不便、不都合を通り越した「影響・大」を痛感しちゃった。
遠近両用メガネなんだけど、アタシの目は「遠」もダメ、「近」もダメで「乱」もアリ、ってヤッカイな状況。だから、ないと世間が遠い感じなわけ。何もかもが遠くて、乳濁していて限りなく心もとなく頼りなく切ない。精神的に最悪状態な時の「現実乖離」感で塞がれた視界のありかたと酷似した視界になる。

恐らくそこで、おバカな「脳」がカンチガイしたらしい。
「あああ、ヤバイんだよ~」的に。
そして、その上取り巻く環境は公私共に、複数の輻輳した問題を矢継ぎ早やに処理・解決しなければならない状況下だった。ただでさえ単細胞でおバカな脳ださ。1度に1ッコっきり取り扱い不能なオツムだからまずはパニクルね~
単細胞なだけにスイッチも「ON」「OFF」ぐらいっきり設定がなくて「ON」のままだとヒューズ飛びそうだし、「OFF」にするわけにいかないからフリズッた。すなわち、「ニュートラ」にしといて「考える」から逃げやがった。んなとこだったみたい~

メガネは直った。そして処理すべきもそこそこにやっつけた。
潜水艦「ドヨドヨ・ズルズル号」はようやくに浮上の兆し、なんである。ホッ。

玄関先のジャスミン。盛りをとおに過ぎて、もうなんだかバッチイ感じになってきた。咲き終わった花柄が茶色く変色してツルにしがみついている。それでも朽ちなんとする断末魔の香りを放ちながら最後の自己主張をしている。

あ、ヤバッ!またきそう。

いったん、強制終了して、再起動せねば。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/05/13

コンジョナシ

ブルー…。
具体的な原因は認識している。原因というより「キッカケ」だな。
ちょっとタチが悪い。
「キッカケ」ってヤツによっかかって、「ブルー」と言っていたい自分を識っている自分がいる。そうわかっていても浮上できない。ってか浮上したくないんだろうな、と自虐したりする。そうさ、ズルズル病ってヤツ。

まあ、言っても、そういう時はモリモリ食いたいモン食って、クタクタ寝りゃ治る。そのためには、今んとこ、やっつけてしまわねばならないことがある。
それが「メンドクセ~」

早い話しが、そんなもん。
人は逃げたいとブルーになる。そんだけ。

え、アタシだけか?そーゆーコンジョナシは!


河合香織『セックスボランティア』【新潮文庫】
5月10日、事務所へ向かう電車中、読了。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/05/10

三頭山へ登ろうよ~

【三頭山登山】
5月27日(日)、奥多摩三山(三頭山・御前山・大岳山)の最高峰・三頭山へ登ろうと思います。
5月も末の季節柄、山々はすっかり緑衣の装いでしょう。登り3時間40分、降り2時間30分がコースタイムですから、ゆっくり緑を楽しみながら歩いてもユトリの山行になると思います。
ご一緒願える方、どうぞお伝えくださ~い!!!

…~…~…~…~…~…~…記…~…~…~…~…~…~…~
【ルート】
奥多摩~小河内神社~イヨ山~三頭山~西原峠~数馬~武蔵五日市
【行程】
JR奥多摩線・奥多摩駅6:45集合 西東京バス6:55発
↓バス30分
小河内神社    7:15着 7:20発
↓歩1時間10分(休み5分)
イヨ山 979m  8:35着 8:40発
↓歩1時間(休み5分)
ヌカザス山    9:45着 9:50発
↓歩1時間30分(休み5分)
三頭山1531m  11:25着 (昼食) 12:10発
↓歩10分
非難小屋    12:20着 12:25発
↓歩1時間20分(休み5分) 
槙寄山1188m  13:50着 13:55発
↓歩1時間   
沖の平     14:55着 
↓歩5分
数馬バス停  15:00着
↓バス1時間10分
武蔵五日市(ビール・ブハー)

【装備・持ち物】
●歩きやすい靴(トレッキングシューズがベター)
●歩きやすい服装(Tシャツ&ジーンズで可)
●雨具(念のため)
●トレーナーまたはフリースなど(昼食時着用)
●ヘッドライトもしくは懐中電灯(念のため)
●飲料水(350ml×3)
●昼食
●おやつ

*時間計算、違ってたら教えてね~

…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…~…
「School Days」「しかめっつら」UPしました~
http://www.asobist.com/school_days/gakusei/070510.php

ちょっと暗いかな~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/05/07

迎我花香歌

5月2日に家を出て奥多摩に6日までいて、山を楽しんだりしていた。
ほんの数日家を空けただけの間だった。

07050701

玄関先にハゴロモジャスミンが気も狂おうほどに咲きそろっていた。家の前の通りに充満するほどに濃厚な花の香を放っていた。
これだけ咲きそろったのは何年ぶりだろう。剪定時期と剪定の深さを間違えて花芽がつかなかったり、ほったらかし過ぎて巻いたツルの奥で蒸れて枝先が枯れてしまったり、天候不順でツボミが膨らんだころ雪が降ったり。
今朝撮っていたら、通りすがりの何人かが同じことを言って声をかけてくれた。
「いい香りですね~」

見れば、コアジサイだのウツギだのもツボミをたくさん持っている。昨年中、手入れもせず、夏・冬の乾燥時期にろくに水遣りもせずほったらかしておいたにもかかわらず、ちゃんと生き延びて、留守の間に咲いたり、ツボミをつけたりして、なんだか申し訳ないような、得しちゃったような…

咲く花は主なしとて春を忘れず
我を迎えて風に香れり

ってなナンチャッテ歌も詠んでみたりする。

【勝手に読書録】に『あの世はあった』をUPしました。
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=124
【プレゼントコーナー】にも上がっています。
http://www.asobist.com/present/p/072.php

読んでみたい向きはご応募、どうぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/06

生還!!!

んなオオゲサなもんでもなかったけどね~
ともかくも、雲取山縦走、無事果たして帰ってまいりました。

楽しみながら、テレンコテレンコ行きましたので、筋痛もさほどのものではなく、元気いっぱいでございます。
ま、チョコチョコとオッチョコチョイはやらかしましたがな。そらやっぱり、ご期待に添う?べく~

そのうちルポ、書きます。気長にお待ちくださいませね~

ちょっと残念なのが、本日の雨。
お天気だったら、もう一回戦、どっか登るんだったんだけどね~

近頃のお天気予報はよく当りますことね~
もう、ゆっくり起きて、その上二度寝して、トロトロ電車、乗り継いで。

もう、次のことでアタマいっぱいです。

まずは、
1.無人の山小屋・避難小屋で泊まれる装備の計画。
2.テントかついで山行計画。

これらが万端整えば「山懐に抱かれて眠り、山に目覚め、山を行く」の完全遂行がなるわけだ。ファイナンシャルプランも必要だね~

まずはMont Bellでも行って下見してこないとね~

三浦正雄・矢原秀夫共著『あの世はあった』【ホメオシス】
5月2日、青梅線・電車中、読了

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/05/02

武者震いだーッ!

いいお天気ですね~
洗濯物が気持ちよさそうに風になびいています。幾分、強い風なので「あっ」という間に乾いてしまいそうです。
いや、アタシは起きたら室内につるしてあったのを外に出しただけなんすけどね。誰が洗濯機、回したんだか…知らんがな~

さてっと。
本日は移動日。荷造りしないといけません。
4月22日にうっすらパステルグリーンだった山々はきっと新緑で美しいことでしょう。お目目がミドリになって帰ってくるかもしれません。

今からワクワクしたり、ちょびっと、いや、うんとドキドキもしています。
昨夕、雲取山荘の方から電話をいただきました。
アタシってば泊まりのお願いやら、お弁当のお願いやら、もちろん住所、電話番号、それに、ちゃんと携帯番号まで書いてFAXしたのに、カンジンの「名前」書くの忘れちゃったんですね~
バカです。アチャ~
「ほんのカケダシなんですけど…」
「ダイジョーブですよ。朝晩少し冷える程度ですから」

お若い女の方の声だった。なんだか嬉しい。
にしても…
時々、背筋にピリッとくるのは
やっぱり、武者震いだーッ!

イッテクルゾ~!!!

4月27日開催の
■あそびすと・クリエーターOFF会vol.2
THANK’s REPORTがUPになっています。
http://www.asobist.com/topics/070501.php
ちなみに、1回目はこちら
■あそびすと・クリエーターOFF会vol.1
http://www.asobist.com/topics/070403.php

合わせて、ご覧くださりませ~

では、6日の夕刻まで…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/01

GOLDEN GOLDEN!!!

GWの山行き、ようやく決めました。3日、奥多摩・雲取山に登ります!

東京都最高峰、標高2017mもスゴイ。アタシ的最高の山登り挑戦だけれど、それより何より登攀開始から登頂まで、なんと7時間チョイ。お昼休憩と小休止を入れると朝の7時過ぎから夕方4時近くまで登ることになる。
7時間以上、オンリー・ノボリですぞー!
しかも独り。ダイジョーブか~アタシ!!

そしてそして、その日は山小屋泊り。ほとんど山頂でお泊りだ~い!!!
雲取山荘は有人でご飯も出してくれる。翌日のお弁当も用意してもらうようFAXも入れた。
山頂付近の夜分、朝方は5月といえども零下5度は十分下回る寒さだけれど、山小屋はシラフの用意もあり、コタツだって置いてあるから、何の心配もない。

ここまでは、詳細までルートを決定したが、さて4日の下山のルートはあれこれと算段してはいるが、最終的にはまだ決めていない。最悪のシナリオも想定すると、きわめて流動的といわざるを得ない。

【最悪その1.】3日の登攀でほとほとくたびれて、下山不可能…もう1泊すりゃいいやね。
【最悪その2.】かなりの筋痛を自覚…最短ルートで降りる。最短ルートで4時間だよ~

もちろん、バリバリ元気~だったら、朝ゆっくり山頂付近を散歩して、草花なんぞ楽しみながらゆっくり下山だね~

2日は前泊で「山鳩山荘」泊りだから、主の原島さんにはよくよく教示願いたいとは思っている。

いよいよ、「山を行き、山で眠り、目覚め、また山を行く」の前哨戦というわけ。

わーッ!ドキドキする~

でも、最高、GOLDEN GOLDEN !!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »