« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/31

渋谷の桜-4

070331_1この間抜けっぷりは、桜が若木で妙に剪定されているからだけではない。
渋谷ハチ公前の早朝6時過ぎは、こんなふうにポカンと口を開けたように間抜けな感じなのだ。明るくなってもまだタバコ場の明かりは消え残り、たむろう人らも所在なさげ。ダッルイ空気が漂っている。
時を追うごとに往来は混んでくる。もう2時間もすれば、すっかり街は覚醒し、またドクドクとこめかみが脈打つような活気と混沌を取り戻す。

070331_2

セルリアンタワーに空を奪われたインフォスタワー前の通り。ここもまたまだ目覚めやらず、寝違えた首を力なく横に振るかにアンニュイ。

って…
あー、そーかー。
ダルくてアンニュイなのはアタシかー?!

まーた、飲み過ぎちったい!

さ、帰ろっかなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/30

渋谷の桜-3

酔客も絶えなんとする深夜である。

07033002

ガードレールにもたれて独り花を見上る。時折、春の強い風が通り抜ける。肩先に花びらがとまる。渋谷の桜はもうピークを過ぎようとしている。

チクショッ!バカヤロウッ!!

御しがたいわが身に愛想が尽きる。煮える胸をなんとか鎮めるために花を見上げる。
季節が巡れば黙って咲き、時が過ぎればはらはらと花びらを落とす。静かな桜。

まだ…深夜バスに間に合う。

さぶっ!!

かーえろっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/29

渋谷の桜-2

Sa01東京メトロ半蔵門線の渋谷で降り、東急東横店の中を突っ切ると、前方のビルの谷間に花が湧いているのが見える。桜の花のころはそれが楽しみ。
洗濯機の中でシャボンが膨れ上がるように、ビルとビルの間から湧いてあふれてこぼれださんばかり。
246をまたぎ、タコ足上に階段を降ろす歩道橋を上がる足が速くなる。そして好きな場所で立ち止まって飽かず眺める。普段は足早に通り過ぎる人らも、花の時期は皆しばし足を止め、携写に撮ったりする。
「春だな」を実感する。

Sa02

「春じゃ春じゃ」と浮かれてばかりはいられない状況でも、少なくとも桜の泡が視野に入り、歩道橋を上り下りし、樹の下を花を見上げながら歩く一時はこの一日の悩ましい業を脇へ押しやる。
アタシに限らず、桜を眺める人らの表情は一様に明るい。桜を背にしてもなお、浮かべた「笑い」を顔に残したまま歩いていく。
渋谷の街を歩く人らの人波にこれほどまでに「笑いのさざめき」が波立つのは、桜の時期をおいては他にない。


*「勝手にアウトドア」に「鷹ノ巣山登山」UPなってま~す。
http://www.asobist.com/outdoor/2007/takanosu0703/01.php

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渋谷の桜

ほぼ毎日この桜の下を歩いて事務所に通うんである。
東京都渋谷区のその名も桜丘町。駅からほんの2分。

070328_2

夜は一段と雑駁・猥雑な街に咲く桜。
どうです、同じ桜でもひどく「艶」ではないか?どこかみだらで、しどけない。しこたま飲んで酔っ払った勢いで口説かれた女が、さも自らも酔ったふりをして、危うげに身をもたせかけんが風情。
こんな桜もいいじゃあない?青空の下で清清と咲くのも桜なら、夜の巷に悩ましげな吐息を漏らすも桜。
いろんな桜があるんである。
アタシ?
真っ直ぐ帰るのが惜しくなるね~
こーゆー桜、大好きだな~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/03/28

また来ん春

久しぶりに定食屋で晩ご飯。
ご飯オカワリしたりして、ますますオヤジ度、濃厚。アリャ。

お腹がパンパンになり過ぎて、バスに乗る気になれず、ほんのしばらく気分で歩き出した。
バス通りは桜並木。見上げながら歩いていたら、止まらなくなった。
ほんの数輪しか咲いてないの。5分咲き。まあ、言っても見ごろはまだまだなんだが、その初々しさがステキだったりする。
もうバスストップ1こ。決めて歩いてたらバス停前でバスが追い越していく。待つのメンドクサイから、じゃあもう1こ。いつまで経っても追いかけごっこで、しかも大きな声で歌なんか歌いだしちゃったりすると、つい浮かれてしまう。
気がついたら半分以上歩いちゃっていて、ここまで来たならどうせだから全部歩いちゃえ。家まで35分ほど歩いちゃっただよー。
そんなことしても、夜気が心地よい季節になったんだな~
明日からカメラ、持って歩こっと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/25

1歩後退・2歩前進!

今日は朝から雨。
近頃の天気予報、よく当る。ほんと今日じゃなく昨日お山に行っといてよかった~。
昨日のお山。バージョンUP下山で完遂。
お山で、いや、お山だけじゃなく日常も、いつもいつも片時も頭の隅から離れることなく気にしている右膝問題、今回は「全く問題なし」で下山できた。ほんの少しも「不安」すら感じることもなく降りきれた。

今朝から例によって筋痛。恐らく今日より明日が本格化。ながら、山行を重ねる毎に回復が早くなってきている。間違いなく筋力はバージョンUP。
いやいや、ほんと、いい山行だった~

が…
朝、鏡を見てビックリ。ポッチャリ顔になってる!体内のウォーター&ミネラルバランスがチョイ狂ったと思われる。
鷹ノ巣山。やっぱり標高1737mだけのことはある。ソートー汗かいたし、キツかったし。

ってかねー…
つくずく、まだまだ「人間ができとらん」の反省しきり。
ブタもおだてりゃ、山登る。それはそれでいい。できるも、できないもナイマゼに勝手に夢を膨らませる。これもいいさ。んなのは、実際の場面で可能か不可能か実行計画段階で自己制御もかかれば、客観的判断も見えてくるはずなんだから。

反省すべきは、段階を追って上昇していくプロセスでは、ほんのわずかでも「過信」や「甘え」「見過ごし」「管理不足」があってはならない、ということ。

いやね、早い話がこの度のお山行き。結果として睡眠不足、というかほとんど寝てない状態でやっちゃったんですわ。

布団に入ったのは03:00。起床04:00。この間、寝つけず、一瞬トロッとしただけ。長津田・八王子間、拝島・奥多摩間の30分ずつを爆睡した、いかにもまずい自己管理。
お山に「なめとんのか?!」と怒られなかったのが不思議なぐらい。
まあ、ポッチャリ顔はものの2時間ほどの経過で引いて治まったんだが、それで済まないことだってあり得るわけで、結果オーライで済ませちゃいけない。

これは何もお山に限ったことじゃあないね。
何があってもなくても、いったん描いた計画は実行へ結びつけるべく最大努力。下降および上昇修正はあくまでも客観的かつ冷静な判断で決断。
そのへん、最近「忘れてやしませんか?自分!」と反省したわけ。

自己過信しない。自己卑下しない。他依存しない…などなど、「ない」ばかりを並べるとモチベーションが下がるとすれば、こう言い換えればいいのかな。
現実はちゃんと把握しましょ。着実に、けれど大胆に歩き続けましょ。のために素直に自他を信じましょ。

それって、パーフェクト達成は要・強靭なハートだけど、言っても「困難」じゃないことは「面白くもない」ってな、危険かつアドベンチャラス人格態として認識されることに抵抗もなく、かえって「ニンマリ」だったりもするオッチョコチョイだから、当然「やったろじゃん」にスイッチON。

あ、何を今さら?!って言わんといて。
スイッチ誤作動することかてあるねん。あんまり長時間連続使用したら、仮想メモリがいっぱいになったりするねん。

はい、ちゃんとデスクトップ、データ整理しました。クリーニングも済ませました。再起動もしました。

「ウォッシッ!!」

てな今日のおバカ。
結構好きかも。そんなアタシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/22

「勝手に」シリーズ全開!!

「勝手に植物図鑑」に「ミヤマキケマン」
http://www.asobist.com/plant/entry.php?eid=253
「勝手に読書録」に「銀嶺の人」
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=120
「勝手にアウトドア」に「棒ノ折山」
http://www.asobist.com/outdoor/2007/bounoori0703/01.php
それぞ、UPになっております。
たくさんお目を汚します。どうぞよろしくお願いします。

【そして「お山行き」の件】
奥多摩・鷹ノ巣山登山

●日にち変更 3月25日→3月24日
天気予報によると24日は晴れのち曇り。25日は雨のち曇り。なので急遽24日に変更します。

●ルート変更
奥多摩駅(バス) 発7:50
峰谷       着8:30
発8:40
↓ 歩[40分]
奥部落      着9:20
↓ 歩[15分]   
浅間神社     着9:35 *浅間尾根 取付
↓ 歩[2時間]+休10分
巳ノ戸の大クピレ 着11:45 *避難小屋
発11:55 
↓ 歩[25分]
鷹ノ巣山頂    着12:20
(昼食) 発12:50
↓ 歩[約2時間]
水根 バス停   着14:50
奥多摩行きバス  発14:59 /15:38(土運休)/ 16:16
奥多摩駅     着15:40

*天候変化、メンバーの体調次第で下山ルートをバージョンアップ
鷹ノ巣山頂    着12:20
(昼食) 発12:50
↓ 歩[1時間30分]
六ツ石山分岐   着14:20
↓ 歩[2時間5分]
奥多摩駅     着16:25

ワーイ!楽しみ~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

銀嶺の人 下

新田次郎【新潮文庫】
3月21日深夜
自宅・パソ部屋にて読了。

二日酔い。死んだように丸一日寝込んだ。14時間ほど。
起きてもなお、抜けたネコの毛のようにフアフア~
バッチーから、スマン、掃除機で始末してくれい!ってなね~

煎茶、紅茶、水、コーヒー…
水分摂りまくりながら集中リハビリ読書。
面白い本は「二日酔い」にも効く!
ほんと、ですってば!!!

「あそびすと」の「人」取材コーナー「VIVA ASOBIST」に記事UPなってます。
http://www.asobist.com/vivaasobist/vol035.php
お目にかかれば幸いでございます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/03/18

グズ!!!

長いこと編集&ライティングに関わってきているんだが、筆の速度はいっこうに安定しない。最初からスルスルといけて「アタシって天才?」ってなケースはゴクまれで、大方はとっかかる前にしこたまグズグズする。
頭の中に何かが発生して、それが入道雲のようにムクムク湧き上がったり、鰯雲のように広がったり、霧雲のようにモヤモヤしたり。片時もそれから離れることはないのだが、とっかかれない。

そうこしているうちにお尻に火がついて、否が応もなくパソを前にすれど、「出だし」でつっかえる。テンスを変えて「出だし」をイロイロ書き散らす。まるで認知症のアタシの父がティッシュボックスの置き位置を探るように、着地点を決めかねてウロウロする。たんびに「のどが渇き」「腹が減り」「居眠りし」電話がかかってくれば「長電話し」もうズルズル加減に「アタシってバカ?」嫌気がさす。ストレス!!!

とりわけこの度はズルズル度がひどい。時間経過で爆発的に増殖するウィルスのごとく、ズルズル菌に冒されて、脳みそがドロドロに溶け出しそう。

なんて、言ってる間に書きゃあ、イイジャン!!!

もーっ!バカッ!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/16

銀嶺の人 上

新田次郎【新潮文庫】
3月15日、厳密に言えば16日の深夜、最後の10ページを帰宅後、パソ部屋で読了。

16日バス中、下巻を読み始めた。
夢中になり過ぎて、バスが駅に着いても即座に反応できず、本をかかえ読書用眼鏡(どうせ老眼ですよっ)を外す暇もなく、大慌てでバスから転がり出るように降りた。
着地点との距離感が上手くつかめず、こけそうになった。

電車中も読みふけり、渋谷に着いてもまたぞろ反応が遅く、閉まりそうになるドアをすり抜けるように、ようやく降りた。

面白い。なにせ「山女」の話だもの。

二宮金次郎の気持ちわかるこのごろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/15

3月のお山登り~

3月25日に奥多摩の鷹ノ巣山に登ります。
標高1737m、奥多摩周辺では、2017mの雲取山に次いで10指には入る高いお山です。
今からドキドキしますね~。
まったくね、ようやく筋痛が治まったと思ったら、もう「次、行きます」なんだもの。我ながらあきれますがな~。
完全ハマリンコ。もう「お病気」域と自覚しております。どうしようもありません。とまりません。

ってなわけで…
次のような行程で行きま~す。
ご一緒の向きは25日奥多摩駅8:10集合でお願いします。(8:30のバスに間に合うように。お弁当を駅周辺で求めるなら、その時間も見計らって)
*雨天中止。場合によっては土曜日に前倒し

【ルート】奥多摩駅~東日原~鷹ノ巣山~水根山、六ツ石山~石尾根~奥多摩駅

【行程】
奥多摩駅~東日原 西東京バス奥多摩駅発8:30
東日原バス停9:00~中日原バス停9:10
登攀開始9:20
↓ 2時間20分
鷹ノ巣山1737m登頂11:40
昼食
鷹ノ巣山出発12:20
↓ 1時間30分
水根山1620m・城山1523m・六ツ石山分岐m 13:50
↓ 1時間30分
石尾根1227m経由羽黒神社 15:20
↓ 30分
奥多摩駅着15:50

【服装・装備・持ち物】● 山登りできる服装
●トレッキングシューズ
●フリースなど脱ぎ着できるもの余分に1枚
●雨具(念のため)
●ヘッドライト(念のため)
●昼食・おやつ・飲料

「鷹ノ巣山頂上からは奥多摩や丹沢、大菩薩の山々から富士山までさえぎるもののないすばらしい展望」
なんだそう。楽しみ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/12

栄光の岩壁・UP

3月9日
「栄光の岩壁 下」オフィスへ向かう電車中、読了。

そして
「勝手に読書録」に上下巻とおしての「読後」UPになってまいます。
ご覧くださいませ。
楽しく書けましたので、皆様にも楽しんでいただけたらと願っています。

http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=119

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/11

HAPPY WEEKEND

昨3月10日、ほぼ予定通り登攀・下山してきました。
感動的な山行きでした。
追ってルポ、書きま~す。

最近天気予報はよくあたります。
今日は朝から雨。
一日前倒しで昨日山行きして正解でした。

3月10日の登山、何年たってもその日どこへ登ったか、毎年思い出すことでしょう。

なぜって
本日、長男のところに第2子が誕生しました。

ドラマティックな週末でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/10

お山ルポ-その2

続きまして、2月25日に登った御岳→大岳→日の出山登山のルポーその2、上がっています。
どうぞ、ご覧ください。
http://www.asobist.com/outdoor/2007/otake0702/02.php

さて内緒の話なんですが…どこが?だよ。言っちゃってるしー。
急遽?明日・3月10日、お山に出かけてきます。棒ノ折山から高水三山のうちの2座を越えるルート。

奥多摩線「川合」から西東京バスで清東橋
登攀開始10:00
棒ノ折山969m登頂 11:50
昼食  発12:40
ゴンジリ峠着 12:55
黒山842m登頂13:10
雨沢山841m経由岩茸石山793m登頂 14:40
高水山登頂759m 15:15
高源寺着 16:00
奥多摩線「軍畑」駅着16:45

あーんど

3月25日は奥多摩の鷹ノ巣山へ登ろうかと…

だって、皆様!
もう3月も末になれば、そろそろいいシーズンじゃあ、ありませんこと?
ご一緒をお考えであれば、どうぞ日程を空けておいてくださいね。

*4月は22日 奥多摩・御前山ですよ~。カタクリの群生が待ってますからね~Kiki4_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/09

山ルポ

2月25日に登った御岳→大岳→日の出山登山のルポーその1、上がっています。
どうぞ、ご覧ください。
アタシの「嬉しいな、楽しいな」がお読みいただいた皆様にとっても、忙しい毎日のせめてもの、ほんのひと時の「ほっ」になれれば幸いです。
http://www.asobist.com/outdoor/2007/otake0702/01.php

「勝手にシリーズ」に「勝手にアウトドア」追加になりました。

「なんで、今さら?暴走!迷走?!」「悪あがき、冷や水」などなど、苦言・忠言・警告・横ヤリを尻目にとにかく飛んで出ちゃうんです。もう、ほっといてんか~!!!

って感じで、どんどんいきたいと思ってま~す。Kiki4_1
以後も、どうぞよろしくお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/08

再び・リテラシー

「勝手に読書録」に「心にナイフをしのばせて」UPになってます。
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=118

いわゆる、ネオジャーナリズムとくくられるジャンル。手にした時から「取材者の立ち位置」を探ることを念頭に置き、「メディアリテラシー」をテーマとして課して書いた。

作品を「素材」として分解し、「ワタクシ」というフィルターを通して再構築したツモリ。
だから、皆様なりのリテラシーを以ってしてご覧ください。

ほんとは、言えばそれは今回に限ったことでもないんだけれど…

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/03/06

栄光の岸壁 上

新田次郎【新潮文庫】
3月5日
池袋から渋谷へ向かう電車中、夜10時前、読了。

「勝手に読書録」に「氷壁」、UPなってま~す。
http://www.asobist.com/book/entry.php?eid=117
ご覧くださりませ~

当分、「山岳小説」読みで行きます。
山登りをされない方にもオススメです。「自然観」が変わります。
いや。面白いの何の…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/04

氷壁

井上 靖【新潮文庫】
3月3日読了
昼過ぎに思い立って3時過ぎに家を出た。夜10時過ぎ、宿泊先からほどないハンバーガーショップで読み終えた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/01

あそびすとクリエーターOFF会・開催!!

07’ASOBIST MOVEMENT
___VirtualからRealへ___

☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆
3月30日(金)19:00~21:00
第1弾!あそびすとクリエーターOFF会・開催!!
☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆~~☆☆☆

「あそびすと」の大きな願い「VirtualからRealへ」の記念すべき実現第1弾として「あそびすとクリエーターOFF会」を開催します。
DESK TOP MAGAZINE・ウェブマガジン「あそびすと」を拠点とした「ものづくり」に関心のあるクリエーターの皆さん、ぜひご参加ください。
「あそびすと」はより多くのクリエーターさんたちの斬新な発想、自由な創造力をお借りして、さらに読者の方々に楽しんでいただけるページづくりに注力したいと考えています。
「あそびすと」でやってみたいことがある人、自分の作品をアピールしたい人、この機会に様々なフィールドのクリエーターどうし、大いに語り合うのはいかがでしょう。
ま、早い話が「ワイワイ!飲み会?」でもいいじゃあ、ありませんか。

**********************************あそびすと編集長・小玉徹子********

☆☆☆☆☆☆ 記 ☆☆☆☆☆☆
開催日時:2007年3月30日
場所:渋谷(詳細未定)
募集人員:30名
参加費:¥4,000(free drink&food)
参加資格:クリエーターとして自認している人/「あそびすと」サイトに興味のある人/4000円払える人

*場所等、開催要項・詳細については3月15日公開予定
*あそびすとクリエーターOFF会は毎月1回第4金曜日に定期開催します
*「あそびすと」では読者交流も企画検討中!追って公開します

【お申し込み】
「あそびすと」サイト内募集要項ページのフォームから
http://www.asobist.com/event.php

| | コメント (6) | トラックバック (0)

憂鬱

山行きの日程が近づくとなんともワクワクする。
終えてヘトヘトになる。
筋痛が治まるかのうちにもう、次の山行きに焦がれる。
ブルーになる。なぜ?

日々淡々と暮らせない「業」か?
なんぼ食っても飢える餓鬼?
ただのキョウチクトウのおバカ?

そういう時には寝るに限る。
寝れば治る。寝れば治る。
そんなもん。

早い話が、気持ちの高揚とは裏腹に、案外身体は疲労してたりする。
すると、自律神経の伝達物質分泌量が減少する。
結果、精神的に軽い鬱を生じる。
寝れば治る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »