« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

サイトリニュ

本日11月30日
あそびすとサイト、プチプチリニュで~す。
http://www.asobist.com皆様の感想、お待ちしています。

そして、そしてリニュにともない
待望の(アタシが?)特注blogも公開しました。
「勝手に植物図鑑」
http://www.asobist.com/plant/

あーんど

「勝手に読書録」です。
http://www.asobist.com/book/

これがblog?って感じです。
頑張ってレビュー増量していきま~す。
よろしくで~す(^^)

Ps
アタシの高校生時代の「初恋話」もUPしました。
一緒に笑って~
http://www.asobist.com/hatsukoi/061130.php

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/29

秋の奥多摩-3 UPで~す

どうぞ、アタシのオッチョコチョイ登山をごらんくださいませな~

http://www.asobist.com/trip/okutama0611/061128.php

あーんど

次のリベンジ奥多摩、原稿作成中。
それもお楽しみに~


11月もあとわずか。いよいよ師走、突入。
「だから、なに?」なんだが、なんかお尻がゴソゴソ。

徒に月日が走り過ぎるのを呆然と眺めている、だけではなかったはずだが。
ほんの10分の1歩ぐらいは進んだかな、と。

沢渡りにも似て、危なっかしいやね~

せせらぎに顔を出してる小岩に乗らずして沢向うには渡れない。
どの小岩がゆるぎないか、なんて、見ただけじゃわからない。
覚悟を決めて行くっきゃない。

おっかなびっくり、そっと足を出したって、とっとと歩を進めたって、体重はかかるのよ。
選んだはずの足の下の小岩が予想に反して「グラッ」ときたら、慌てて次の歩を出しゃあいいだけのことよ。

次の1歩が前にもまして「グラグラ」だったり…。
もう、そうなると、あとはどの小岩にするかなんて考える間もなく、絶叫しながら沢の上を走る。

終わってみれば、案外ちゃんと渡れてたりね。

そんなアタシの人生。

沢の向うには、さらに美しい風景が両腕を広げて待っていてくれる。優しいその胸に飛び込むつもりで、渡りまっさ。

なに、踏み外したら、冷たい沢の水に浸かるだけじゃん。

わんちゃんみたいに「ブルルッ」と水を飛ばして、また歩けるさ。

ねー。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006/11/28

美酒

「美味な酒」でないよ。
「美しい酒」。

わずかジョッキ2で手に入れた、なんとも美しい「酒」。
アルコールが飲めなくはなく、強くもない幸運も手伝って。

電車に乗って、座れたのに、文庫を開いたりもせず、ただただホロホロと「酔い」に任せて漂っているhappy!!

わが身がなんたるか?も雲散霧消して、確たるものを持てるか否かも問題にせず、ただ「存在」を着物をまとうように体に感じて、眠るように現で、なんてステキ。

って、ただの「酔っ払い」?

ほーら、今日も「のんだくれ日記」です。

あわ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/26

やっぱ小山はいいわ~

上天気、ではなかったけれど、雨にも降られず、無事お山に登ってきました。

ま、いいコースでした。アタシにぴったりの。

来週の日曜日の忘年会登山も控えていることだし、どこもなんともなくピンピン帰れたんだから、いいでしょうよ。

また明日から頑張るぞー。

お仕事、お仕事…

お山ルポ、ハヤハヤで書きま~す。

お楽しみに~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/25

渋谷の夜

11月24日
夕方「京劇」というものを初めて観にいった。
それがどんなだったかは他に譲るとして、帰りのこと。

「終電に間に合わないといけないから、チャッチャと食べちゃうか」

てんで、そこらのご飯やさんに入った。なんやらホールたらからJR中野駅に向かう途中、なんでもいいや一番最初にあるところに、まりりんと飛び込んだ。

結構、まともな店で、うん、旨かった。
生ビ、これまたケッコー。

たった2ジョッキぽっちりで、なんだか酔っちゃった。
新宿でまりりんと別れ、山手で渋谷に着いた時は、ちょっとばっかしアタマがグラグラだった。

ハチ公広場にあるタバコ場で一服してたら、ファンキー?な「おにゃのこ」3人がやってきた。チョー、コスプレな感じ。一人はフリフリ・ミニ&髪にでっかいおリボン。二人はウェストから上はお着物ふう、下はチョーミニ&ロングブーツ。ここまでスゴイのは、そうそうフツウにお目にはかかれない。

いやいや、なんと表現していいやら、な、とてつもなくスットンキョないでたちで、周りはみんな口開いてポカン。

そしたら、アタシの前でタバコしてた外人二人組みのおにいさんが、いきなりアタシの方へ振り向いて話しかけてきた。ぺらぺーら、ぺらぺーら。

【日本語訳】
「日本は、こんなんギョーサンいてんのか?」
「んにゃ、いてへん、いてへん」
「スゴイやんか、どない思う?」
「いや、ようわからん」
「ゴッツおもろいで」

外人さんの一人が携写しながら

「あの子らのアタマの中、どないなってんやろ?」
「たぶん、それなりのストーリーがあんのちゃう?」
「日本にきてから、サプライズの連続やで」
「チョチョ、待ちーな、こんなんで日本、誤解せんといてーや、頼むわ」

そしたら、アタシの倍ほどセタケのある一人が

「どうでもエエけど、そのへんでお茶しいひん?」

え?

一瞬、ひいた。固まった。アタシはそーゆー時案外、ダメっぽ。

「ほな、いこか」

「いこか」て、誰が行くかいな、なー。さすがにアタシも戦闘モード、スイッチ・オン。

「あんな、日本のおばちゃん、なめたらあかんで。より前に日本語勉強せーや」

ゆーたった、ゆーたった。怒るで、ホンマ。よ、いわんわ。

ってな、オカシな週末。

キャツら、ほんとは日本語もぺらぺーら、だったりするんじゃね?まったくアヤシー!

渋谷の夜は摩訶不思議。キケンな匂いも織り交ぜて、なんもかんものアツアツ・ゴッタ煮。
けど、そーゆーの結構アタシは好き。

しかーし!

アタシって、そんなスキだらけ?!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/24

買い物

23日の朝、友からメールが入った。

12月3日の忘年会登山は要「アイゼン」だってー!!
相当な寒さが予想されるので「防寒」はしっかり!だってー!!

慌てて長男に電話を入れた。

「スポーツオーソリティーに連れてってー」

長男がやってきて
「オーソリティーにあるかどうか訊いてみなよ」

電話の結果は芳しくなく、あっちこっち電話した挙句、
なんのことはない、さほど遠くないところにデッカイ「Mont Bell」のデポがあった。

「なんだー、だよねー、あそこロッククライミングの練習場もあるもんね。時々ぶる下がってる人いるよねー」

ってことで、買い物してきた。昼過ぎに出かけて夕方までかかってしまった。

ほんでついでの晩ご飯は長男が天丼セット。アタシは牛の香味焼き・季節の炊き込みご飯セット。

ヨメさんのいない時ぐらい、母の手料理などという気持ちのカケラもないダメ母ぶり。鯛をほんなげてからというもの、全ての「シバリ」から解放されてアタシは全くの「素」になった。

しばらくは、好きにさせてね。

そのうちイヤでも「煮物、炊いたー。食べてよー」って持っていったりすることになるからさー。

元来「料理は知性と決断力」と心得、食べ物をこしらえるのは大好きなんだからさ。
今は「料理の神様」が降りてきてもアカンベしたい心境なのよ。

帰ってきて、TV見ながらストレッチしていたら、天気予報がいうことにゃあ

「奥多摩地方、明日、明後日、降雪あり」だって。

ってことはなに?アタシは26日に日の出山登る予定なわけよ。

いやいや、「中止」なんてアタマはこれっぽっちもないねー。

ほんと、慌てて買い物に行っといて、よかったー!

アイゼンも防寒もバッチリだし、もちろんアタマにつけるカンテラも揃えた。

わーい、楽しみ~。雪の奥多摩だー。

ってな、前日に続きまして、ケッコーな祭日でありました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/23

ワパイ

22日は午前中、隣の次男のヨメさんはご用で、
アタシはそのムスメと過ごした。

2歳になりたて。かーいーよね~。

「オッペ」「オエコ」「ミミ」「ポンポン」…
体の部位の名称を言っては小さな手を押し付ける。

「ワパイ!」

ちょ、ちょ、待ってーっ!

キョ・キョ・キョーレツ~!!!

思いっ切りワシヅカミされてもた。ワパイ。

アンタもか。ま、みんな好きなのよね。ワパイ。

人生はワパイに始まり、ワパイに終わる。

ん?

終わりはこれであってるのか?


長男のヨメさんは11月22日から1週間ほど、両親の居住する大牟田。
で、晩のごはんは長男を誘って「沖縄屋さん」へ。

先客のカウンタ二人組みオジサン、もろオキナワン・ウチナンチュ。
後から入った隣のテーブルの一行も然り。

「ね、言ったっしょ」

ゴーヤのてんぷら…旨し
刺身のてんぷら(マグロ赤身)…旨し
タコ・ひらやち…旨し
etc.etc.etc…全てアタリ

もちろん、生ビール…甘露!

お店のママが長男に言った。

「おにいちゃん、濃いね~。沖縄?」

ってことはアタシも?
ちゃう、ちゃう。ちゃう、けどいいじゃん。なんか。

長男といろいっろ話しした。「鯛」も肴になった。

鯛は…食えん

たったジョッキ1杯で酔っ払った。は?

パソごとで用事があって、長男宅に寄ったんだが、
用事どころでなく、横になって寝てしまった。

「んじゃ、万事任すわ」

で帰ってきた。何しに行ったんだか。ま、いっか。

ケッコーな1日で…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/22

秋の奥多摩-2 UPしました

UPしたルポチェックしていて、状況を思い浮かべると、今さらながら緊張してきて、自分でドキドキしてしまいます。

そして同時に顔から火が出る思いです。
「おバカ加減」が恥ずかしくて…。

自分で言うのもなんですが
オッチョコチョイが過ぎまする~

まあ、皆様、読んでやってくださりませ。
あきれてください。そして大笑いしてやってください。
「おバカ」と叱ってやってくださいませり~

いやいや、ほんと反省してます。

http://www.asobist.com/trip/okutama0611/061121.php

そして「秋の奥多摩-3」は来週・火曜日、UPの予定です。

お楽しみに~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/21

書いてみました

久方ぶりに「読後」してみた。
これから読むものは言うに及ばず、読んでいまだ書いてないものも徐々に書いていくツモリ。
結構、たまってんだなー、これが100冊ほど…。

ちょっと、頑張ろうと張り切っているにはワケがある。

特注ブログ2本「勝手に植物図鑑」「勝手に読書録」が既に組みあがり、ほとんど過去作の移植も終了。
後は「あそびすと」のputit putit リニュの際のお目見えを待つばかりなんである。

「読んだら書く」forever!!

お楽しみに~

***************************


リヴィエラを撃て 上下

高村 薫 【新潮文庫】

時は1972~1995年の長きにわたって背景となる。中国が文革から民主化へ路線をシフト。日・英・米の対中関係の利害と外交政策が絡む。同時期、英はアイルランド紛争に頭を抱える。
政治・経済の裏舞台で暗躍する各国諜報。そして、IRAのテロリスト。ベルファスト、ロンドン、東京と舞台は回り巡る。

我々一般には想像だにつかない壮絶・陰惨・凄惨なストーリーではある。読むうち「裏舞台」の展開が「そんなこともあるかも」と思わせるのは、ひとえに緻密な取材と書き分ける筆力であることはいうまでもない。
恐ろしくヘビーで、かつ活字ビッシリ感もあり、のわりに閉塞感はなく「ダル!」など微塵も感じずにスルスルいける。

主要キャストが次々、激しい陰惨な攻防の末に消される。射撃音と爆発轟音が炸裂する。にもかかわらず、読後の清々しいのはなぜ?
ストリーを通奏するかにピアノの音が聞こえる。ブラームスだったり、モーツアルトだったり、樹々の枝葉を転がる雨滴のように無音の響きが耳にたまり、時にドイツリードの旋律がひそやかに残響する。あたかも血なまぐさいシーンのレクイエムのように。

テロリストの遺児が愛に包まれて無邪気に笑う。一見単純な帰結に求めた作品の意図を汲み取って、読者の胸もまた「愛」に満たされる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/20

リヴィエラを撃て 下

高村 薫  【新潮文庫】

11月19日11:43pm 渋谷・センター街のcafé にて読了。

0003はいはい、行ってきましたがなライブ。
到着7:00pmちょい過ぎ。
あそびすとwebデザイナー・タカマツ率いるSuperBossM10の1コ前のステージの途中でしたかね。
相変わらずカッキかったよ。
今回は撮影はスーパー失敗。だって撮ってる場合じゃないし。もう記者根性なんてどっかすっとんじゃってて…。

それよか、もう体がじっとしてらんないのよ。
40分?動きっぱなし。これはトレーニングです!
ずっと膝、ちょい折り状態をキープしたまま、頭を振り、肩をゆすり、腰をクネクネ(のツモリ!何か?!)。
SuperBossM10の後のステージもいっちゃたから、計80分だかの上dans&dansで、もう汗だく。標高差300mは登っちゃったね。

で、今回はめでたくブーケを渡しましたわー。
もうね、だんだんね、ずーずーしくなっちゃってね。
「コッパズカシ」も飛んじゃって、オッチョコチョイ全開!!

「ちょっと汗ひいてから」もありcaféによってカプチーノ飲みながら本読みは、ある種想定内。

そうそう、最高にhappyな日曜日ではありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/19

土曜日はズルズル

金曜日、深夜バスで帰宅。
「美少年」をいただいちゃったのね~。
って、二人でお銚子1本だけだからね~。あ、その前に生ビ2ジョッキあったか。
ままま、いいじゃん!

ほとんど寝室へ直行。即爆、のつもりが、ベッドに本を持ち込んだのが運のつき。
気がついたら5:00を回り…

土曜日は目覚めれば11:00.

少しだけ作業して、洗濯もして、テレビを見ながら一休み。のつもりが、あららzzz…。

夕方、ご飯しに外へ。近所の「沖縄・食事どころ」。

自慢じゃないが、うちは最寄り駅・青葉台からバスでたっぷり15分から乗った、横浜・青葉区のチベットと呼ばれる「田舎」。
前から「沖縄・食事どころ」の存在は知ってはいたが、こんなところに「なんだかね~」で入ったことはなかった。単に気まぐれの「お初」である。

入った感じ、すぐにはやっぱり「なんだかね~」だった。
ところが
突然、先客・おじさん&おにいさん5、6人の話し声が耳に飛び込んできた。
わー、メチャメチャもろ「沖縄だ~」。
ご機嫌で酒盛り中の彼ら。酔うほどに沖縄度、どんどん増し~。

そして食べた「タコライス定食」。これが旨かったさー。

折りしもTVはバレーボール男子、日中戦。そしたら店のオカミさんが言った。
「○○選手も○○選手も、時々うちに来てたさー」

そう、うちからすぐに日体大があるからね~。

ってなわけで(どういう?)、以降、休日のごはんはしばらくここへ通うことにした。

家に帰って、デザートに柿を一つむいて食べ、お腹がいっぱいになって、ちょっくらTV。「…不思議発見」は確かに見たんだ。マチュピチュ・インカへの道かー、アタシも歩いてみたいな~、とかさ。

で、次の番組がなんだったか記憶がない。気がつけば、またzzz…。ふと我に返れば夜中の12時。われながら、よいわんわ。

なんて贅沢なゴージャス・ズルズル休日!

ズルズルついでに「今夜もまたオレンジな就寝タイム」を決め込んで、本を持ってベッドにもぐりこんだ。

チッ!

わずか2、3分後、車のドアが閉まる「バタン」でオレンジタイムあえなく終了。鯛が…。
さっさと、寝たふり。そのうちマジ寝。オーララ~。

おかげで日曜日はうんと早く自然覚醒。

ま、それもいいさ。早いとこ用事すませて、でかけちゃおうっと!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/18

花の名

04_1

11月5日に御岳山で見つけました。
大岳山方面へ抜ける山道の林下。
ありったけの持てる図鑑を探しましたが、
どうしても同定できませんでした。
この花の名前をご存知の方
どうぞ教えてください。

よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/17

「も」ぬけ?

日~水…順調
木…ヌケ
んー…ぬかった。
かくも難き「1日1行」。

ああ、もったいない。

書くことがない。なんてこたない。
毎日が楽し、ウレシ、新し!
書き出せば止まらないほど。
なのに、気がつけば0時を過ぎ。

短すぎます。1日が24時間しかないなんて。
体が一つしかないなんて。
アタシが一人しかいないなんて。

あ、こわ。

二人いたら。

ウッサイやねー。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/11/15

リヴィエラを撃て

高村 薫 【新潮文庫】

11月14日、帰りのバス中、読了。

どっしり手応え。やっぱアタシは「ヘビー」が好きカモ。
ふあーんとして「よかったなー」ふうより、揺さぶられて「グワーッ」な作品が好き。

そーね。
「優しくしてよ」って言っときながら、しばかれながら「痛みこらえる」系?

ヤバイじゃん!!

マ、マ、マ、「マ」がつく?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/14

秋の奥多摩

06111411月4、5日に奥多摩へ出かけ山登りしてきました。
第一弾ルポ「川苔山登頂」UPしました~

きれかったんだよ~
のぞいてみてちょうだ~い!!

http://www.asobist.com/trip/okutama0611/01_okutama/index.php

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/13

行こうよ~!!!

11月19日、この次の日曜日、ロック・ライブに行きません?

238149440_185いえね、アタシは行きます。楽しみにしています。

そうなんです。
前にもお伝えした「あそびすと」ウェブデザイナー・タカマツが率いる「SUPER BOSS-M10」がstage on です。

ライブ大好き諸氏はもちろん、「んなの行ったことない」向きもぜひ、いらっしゃいませな。
ご一緒しましょうよ~!

爆裂・炸裂の音粒、音滝を浴びれば、全ての細胞が振動します。
いいよ~!!

いこうよ~!!!

日時:  2006.11.19(日)
場所:  渋谷乙-kinoto-
時間:   18:00(ごろ?)開演
チャージ: 2,500円(1ドリンク)
Mapはこちら

*ちなみにアタシは19時前後に到着予定!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/11/12

タライまわり?

土曜日は隣の次男宅で、日曜日は歩いて3分の長男宅で晩ご飯いただいた。
やっぱりおうちご飯だよね~。
小さいのがチョロチョロしている中でワイワイご飯、それも楽しい。
なんなの、この満足感。
単に腹いっぱいというだけじゃない、心底空腹を満たした感。
これだね。

ではあるが、当分おうちご飯の飯場を担当するつもりはない。

毎週決まって週末とかってんじゃなく、「たまたまそういうタイミングで」ぐらいで、あっち行ったり、こっち行ったり、まあタライ回り?それぐらいでちょうどよい。

おうちご飯で心身をhappyで満たしてもなお、満たされない飢餓感。長いこと、それこそ長い長いこと独りで抱きしめてきた飢餓感を今自ら引っ張り出して、返す返す眺め、見詰め、くんずほぐれつ闘い、木っ端微塵に打ち砕き、慰め、愛を注ぎ、抱きしめなおす。その作業に忙しくて、飯場のおばさんやっている暇は到底ない。

なんちって
つまり、「頑張るぞ!」ってことよ、早い話が。
進軍ラッパは高らかでないとね。
やっかましくて、ゴメンアソベ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アンタのモンよ!

土曜日。
寝そべってテレビを見ていたら、うちのニャン・クロスケボッチのキキがスリスリ。
と思ったら、あらま、アタシのおなかの上にのっかっちゃった。

そうかー
アタシのここんとこのオッサン生活で、アンタ寂しかったんだー。
ナゼナゼしたげる。

手のひらに顔を丸めるような感じで包み、片方の手でナゼナゼ~
ニャンコは額をママの胸に埋めて、おっぱいを吸った記憶がいつまでも残っていて、額や顔を包むと安心感が得られるらしい。

キキは嬉しくて、アタシの顔を見上げては「んがにゃわーん」
はいいけど、よだれ、ダーラ、ダーラ。キタネ~

ま、いっか。たまには、アンタも愛情がほしいのよね。

と、うにゅーっとばかり腕を伸ばして、アタシの胸を両手でふむふむ。
これもニャンコの習性。ママのオッパイをそうやって絞りながら飲んでたわけよ。

両手を交互に出してアタシの胸を押す。
したら…

イッテーッ!!

ツ・ツ・ツメ、立てんなーッ!

なにも引っかき傷つけてマーキングせんでも、今となっちゃ、アンタのモンだがね。

などなどしているうちに、ぐっすり寝ちゃった。

アタシが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/11

コリテナ~イ!!

二日続けていただいてしまいました。

何をって?
ウォッカでございます。

ついこの間「当分、いいわ」とか言ったじゃ~ん。
だ、だ、だから~、トニックだってば。

って言い訳にならないか。やっぱ?

酒飲みの言うことなんか、あてにしちゃいかんのですよ。だいたい。

あらまー
いつの間にか酒飲みエントリーしちゃいましたか?アタシってば。

風邪がはやっています。
アタシは平気です。
元気です。

文脈は読み手の解釈でつなげてください。ホホ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/08

燃えて、燃え尽きて

ウオッカを飲んで昇天して、願ったことはただ一つ。
「『ギボジワリー』状態から一刻も早く脱け出したい」

時間の読み間違えで、山からカッ飛び下山している時、思いは一つ。
「生きて下山したい」

そして腹がすわった。

与えられた残りの寿命、それが10年か20年かは与り知らぬことながら、5年に凝縮して生きちゃろじゃん。

火の玉のようになって燃えながら走る。
願いは一つ。
「あそびすとサイトよ輝け!!!」

誰や笑ろてんの。

アタシが火達磨になって走ってんの想像してたやろ。
いいよいいよ、ゆるーす!!

実はアタシも笑っちゃったんだわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/07

屋久島-3 UP

縄文杉コース登山、あがりました~
取り急ぎお知らせまで~

http://www.asobist.com/trip/yakushima/061107.php

| | コメント (3) | トラックバック (0)

食後

晩ご飯のメニューはショウガ焼き……………定食。
しかも0時を回って。

おばさんらしからぬ生活まっしぐら。

ところで
そういう場合、何時間ぐらい経てば寝ていいんでしょうねー。

自分にあきれかえる毎日ですが。
これで「おばさん」を名乗っていていいんでしょうか。

ともかく、帰ってすぐ寝ちゃいけないでしょう。
時間稼ぎにblogってみました。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/05

グロッキー

前日11過ぎには寝たおかげで、4日、予定どおり4時半起き。

4日川苔山、5日大岳山、登頂。

というと一事が万事、全て順調!っぽいけど、んなこたあない。
もう、クタクタ~

詳しいことは、またあとで。

秋の奥多摩、きれかった~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/11/03

連休

明日4日の宿はようやく確保。
連休とあって3日はどこもいっぱいでとれなかった。いつもアポに動くのが遅いのでそんなことになる。

今晩、速攻寝て、明日4時半ごろ起きられたら、奥多摩・川苔山1363mへ上がろうかな。コースタイムでも7時間から上。
アタシの足だと恐らく8時間はたっぷり、おまけに草花に道草すると9時間ぐらい。どうしたって朝9時より前に歩き始めないと、日の暮れまでに下山できない。

5日は大岳山1267m。
こちらはコースタイム5時間弱。

そっかー、4日と5日のスケジュールさかさにすればいいんだ。
とか、迷うなー。
ま、明日起きた時間で決めよっと。

紅葉の山々。今から楽しみ~

ってか、てかさ
にに、荷造り~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酔うてしもた

祝いの席。
ビール、シャンペン、そしてウォッカ・オンザ・ロック。
そして、あとはオボロ~♪…で、アウト。ってか意識不明。

回転数グルグルから本格睡眠「知らんがな」までいくばくもかかりませんかった。
いっと最初にいったもん勝ち?かな?

ウォッカ、しばらくいいわ。いやマジ。

ってか、わー、お手数をおかけしました~。みなさま~
すんませんでした~

肝臓を温める手のぬくもり、しっかり記憶に残っております。

ただいま3:32。
アセトアルデヒド分解率98パーセント。
水、飲んで、紅茶飲んで…寝ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/02

長電話

水曜日はよっぽどセコついた仕事でも入っていない限り、事務所はOFF。家でできる原稿書きなどに専念する。
はずだった。
いったい何時間あっちこっち電話していただろう。気がつけばお昼をとおに回っていた。
KDDI、NTT、なんちゃらケーブル、金融機関などなどに電話して、受話器を持つ腕がすっかりだるくなった。
必要用件を処理するために、同じような事情説明を何度も繰り返し話してウンザリした。

全部電話し終わった、はずだった。違った。3時過ぎまであっちこっちからレスポンス。なんちゃらのサービスセンターたら、料金センターたら、なんたら。そのたんびにまた説明。
カンベン!だよー。

友との長電話は楽しいが、楽しくない長電話は実に疲れる。

実家の電話は父名義になっている。当の父は現在ホームに入居している。数年前父がホームに入居するにあたって、光熱・水道・通信・ホーム入居費その他もろもろの諸費用は全て自動引き落としの手続きをした。と安心していた。
ら、母が相談もなくあっちこっちと契約したり、契約解除したりで、通信に関して現時点でいったいどこと契約しているんだかわからない状態になってしまった。
整理して、それを母に伝えたらぐったり。
母もいよいよ危ない境界線を踏み越えつつある。

「恋人と長電話で腕がだるくなっちゃったわん」

とかの話でなく、全く色気のない話だことよ。

どう生きて、どう死ぬか?
双方ともなかなか自分の意志で選択するのは困難なんでしょうかねー。

ガクッ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/01

「屋久島-2」UPなってます~

日付が変わらないうちに、一枚UPしたかった。
残念。
なぜ?って別に理由はないのだが、一日すべきことをし損じたような気分なのだ。

blogにあげる原稿のファイルを新規にした。ファイル名は「11月とにかく1日1行」。
前月のファイル名は当然「10月とにかく1日1行」。ファイル名のとおりにいかなかったのはご覧のとおり。

「1行でいい」から「1日1行」と思っても書き出せば、そこそこになる。そして毎日はなかなかに大変。
というほどでもないか、結構楽しく書いてるしねー。


「屋久島-2」はこちらから。
http://www.asobist.com/trip/yakushima/01_yakushima/index.php


今日から11月。
ヤダな~…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »